中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー
チャイナ・マーケット・インサイト

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2019年3月8日 ]

地方都市まで広がる中国コーヒー市場 (8)
三線・四線級都市に浸透 オンラインコーヒー市場
商業データ企業CBNDataの「2018中国コーヒー業界考察」によると、17年のオンラインコーヒー消費のうち、一線・二線級都市のシェアは4割程度で、その他は三線・四線級都市や農村地区が占めたという。一線・二線級都市でのコーヒーショップ間の競争が激しさを増している一方、オンラインでは、コーヒーはすでに「プチブル」の枠を越え、地方都市の消費者にも深く浸透しはじめていることが注目に値する......

 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2019年3月7日 ]

地方都市まで広がる中国コーヒー市場 (7)
コーヒーの消費者層 若い女性がメイン
若者を中心とした中間層が、コーヒーの主要消費者だ。グルメ・口コミアプリ「美団点評」研究院による中国のコーヒーショップに関する調査報告によると、コーヒーショップでの消費の75.3%が、20~35歳の若年層によるものとされている。性別では女性が多く70.8%、男性は29.2%に過ぎない......

 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2019年3月5日 ]

地方都市まで広がる中国コーヒー市場 (6)
「新小売」コーヒー店が台頭 アプリで注文・決済・配送
18年5月に正式な運営を開始したラッキンコーヒー(瑞幸咖啡)は、スマホのアプリで注文し、配達してもらうスタイルが特徴だ。スマホSNSの微信(ウィーチャット)で「最初の1杯無料」キャンペーンを展開、瞬く間に広く浸透した。すでに全国に1000店をオープン、スターバックスに次ぐ第2のコーヒーチェーンにまで成長した......

 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2019年3月4日 ]

地方都市まで広がる中国コーヒー市場 (5)
スタバの業績に陰りが コンビニ系がパイを侵食
スターバックスは、2018年5月に中国で開催された投資者会議において、今後5年間に中国で毎年600店以上をオープンし、22年末までに店舗数を230都市6000店にまで増やすと宣言した。この計画が実現した場合、中国での売上は全体で17年の3倍以上、店舗での売上も2倍以上になると見込んでいる......

 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2019年3月1日 ]

地方都市まで広がる中国コーヒー市場 (4)
コンビニと新小売 コーヒーの新潮流
川下のコーヒーショップ市場を見てみよう。業界の不完全な統計ながら、2017年の中国のコーヒーショップ数は10万店を超えた。その多くが非チェーン系の店ながら、スターバックス、コスタコーヒー、マックカフェのほか、地場系Maan Coffee(漫咖啡)などが全国規模でチェーン展開......