中国消費洞察オンライン〜中国ビジネスをマーケティング視点から再構築!
中国ビジネス最前線

中国ビジネス最前線 [ 2021年12月10日 ]

中国生鮮EC(ネットスーパー)業界調査レポート(20)
中国生鮮ECの今後の発展トレンド コロナでミールキット市場が急成長
新型コロナウイルスの流行により、生鮮EC(ネットスーパー)は再び大きな成長の機会を得た。同時に業界の競争も新たな段階に突入したといえる。既存のオフライン型の大手スーパーも、オンラインチャネルの開拓をスピードアップした。既存大手の参入により、生鮮EC業界はさらに拡大傾向となり、今後は企業間の競争も激化が予想される......

 

中国ビジネス最前線 [ 2021年12月9日 ]

中国生鮮EC(ネットスーパー)業界調査レポート(19)
食材にこだわりながら節約も 都市・世代間で消費行動に違い
叮咚買菜(ディンドン)が発表した「2020年線上買菜大数据」(オンライン生鮮購入ビッグデータ)によると、2020年は新型コロナウイルスの流行に伴い外出を控える人が多かったが、人々の飲食のクオリティに対する要求は低下しなかったという。逆に、食によりお金を掛けた人も少なくなく、新鮮で質の高い食材の売上は大きく上昇したもよう......

 

中国ビジネス最前線 [ 2021年12月7日 ]

中国生鮮EC(ネットスーパー)業界調査レポート(18)
中国生鮮ECユーザーの特徴は? 大都市メインだが、地方都市でも急成長中
中国のデータ分析会社のFastdataが公表したレポート「2020年上半期 中国生鮮EC業界発展分析報告」によると、生鮮EC(ネットスーパー)は現在のところ一線都市が主要市場で、ユーザーの7割近くが一線及び新一線都市に住んでいるという......

 

中国ビジネス最前線 [ 2021年12月6日 ]

中国生鮮EC(ネットスーパー)業界調査レポート(17)
ネット大手各社も続々参戦 “弱肉強食”に対する批判も
2020年11月に、ライドシェアアプリ・滴滴(ディディ)傘下の「橙心優選」の1日の受注件数が1,000万件を突破。サービス提供都市数でも、2020年12月末時点で、フードデリバリー・美団傘下の「美団優選」が約310都市、共同購入ECサイトの拼多多(ピンドウドウ)傘下の「多多買菜」も237都市に達している......

 

中国ビジネス最前線 [ 2021年12月6日 ]

中国生鮮EC(ネットスーパー)業界調査レポート(16)
社区・社群の“元祖”「興盛優選」 湖南の既存コンビニ網を活用
興盛優選は、社区・社群コミュニティ共同購入の老舗的存在。後から参入した企業の多くが興盛優選のシステムを模倣している。興盛優選は湖南省を中心に展開するコンビニチェーン「芙蓉」傘下のECプラットフォームで、居住コミュニティをベースに「予約販売+セルフ受取」式でサービスを展開している......

 

pageTop