中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから

全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー
小売・流通現場

小売・流通現場 [ 2017年6月30日 ]

大手スーパーなどもコンビニ業態への進出拡大を積極化
ネット通販との提携 生活サービスの拡充で2桁増の成長目指す
中国商務省によると、2016年の小売売上高は前年比10.4%増。そのうち、ネット通販、コンビニ、ショッピングセンターの伸びが顕著で、それぞれ25.6%、7.7%、7.4%の成長だった。15年の13.2%増から比べると若干成長スピードが鈍化したコンビニだが、20年までは8〜10%の成長を維持するとも予想されている。中国では主要都市でセブン—イレブン、ファミリーマート、ローソンと日系3社が揃い踏みで進出しており、ついその動向に目が向いてしまいがちだ。しかし、各地で商圏をドミナントする地場系ブランドが無数に存在する現状を忘れてはならない......

 

小売・流通現場 [ 2017年6月16日 ]

南昌のコンビニ市場をリードする「楽豆家便利店」
新興勢力が続々と開店、サービスを充実させて、店の個性を競い合う
地元政府からの手厚いサポートを背景に急成長する江西省・南昌のコンビニ市場。市内では新規店舗の開店ラッシュが続くが、その中で最も勢いがあるのが「楽豆家」だ。一見、「南昌にも全家(ファミリーマート)が進出?」と見間違えるほどの外観。緑と青をベースとした店構えに「F」から始まる英語名「FunBean’s」 がよく似ている。2011年に、地場系の老舗食品企業である江西嘉徳食品有限公司が全額出資して「楽豆家便利店」を設立。12年に第1号店をオープンし、店舗数は16年10月時点で85店を超えだ......

 

小売・流通現場 [ 2017年5月30日 ]

新しい商業モデルをリードする「盒馬鮮生」(9)
中国生鮮ネット販売業界が直面する課題と今後の動向
ボストンコンサルティングと阿里研究院の最新報告によると、中国の生鮮食品市場は今後も当面オフラインがメインの状況が続くとの見込み。 しかしオンラインもスタートは遅いものの、今後猛烈な勢いで発展していくことが予想される。2020年にはオンラインの生鮮売上高が、都市部の総消費の15~25%に達することが予測されている。比較的豊かな中産階級及び富裕層、若年消費者層、経験豊富なネットショッピング愛好者が生鮮ネット販売消費の伸びを支える三大消費層だ......

 

小売・流通現場 [ 2017年5月29日 ]

新しい商業モデルをリードする「盒馬鮮生」(8)
支付宝(アリペイ)限定によるビッグデータの形成
盒馬鮮生のもう1つの大きな特徴は、現金での支払いができないこと。決済は全てアプリ上から支付宝(アリペイ)で行う。 オフラインの店舗では、販売員がまずアプリをダウンロードしているかを顧客に確認する。もしダウンロードしていなければ、ダウンロードした後、登録して会員になる必要がある。その後、アプリ上で支付宝を用いて支払が完成する......

 

小売・流通現場 [ 2017年5月26日 ]

新しい商業モデルをリードする「盒馬鮮生」(7)
デジタルプライス表示によるO2O運営サポート
消費者の目が届かない領域でも、盒馬鮮生は行き届いたサービスを実現している。毎日オンラインとオフラインの双方で発生する大量の注文を、如何に時間内に配達するかは大きな問題だ。盒馬鮮生の店内では、出荷担当者が各10人の2チームに分けられている。 店舗がアプリからの注文を受けると、出荷担当者が担当の売場で商品をピックアップする......