中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから

全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー

 

トレンドウオッチ [ 2016年12月20日 ]

出前アプリ大手3社「百度外売」「美団外売」「餓了么」徹底研究 (12)
出前アプリの今後の発展トレンドは?
ターゲットユーザー層も学生や自宅からの注文からホワイトカラー層へとシフトしている。ホワイトカラー層は食品の安全性をより重要視し、著名レストランを好む傾向が強い。配達時間の正確さにもこだわり、食品自体の品質に対する要求も他のグループより高い。また、高いクオリティとサービスを得るためには多少の支出は厭わない。今後ホワイトカラー市場における競争の鍵は加盟レストランの管理と、配達効率をアップさせることで、より良いユーザー体験を提供していくことだと言えるだろう......

 


 

トレンドウオッチ [ 2016年12月19日 ]

出前アプリ大手3社「百度外売」「美団外売」「餓了么」徹底研究 (11)
ホワイトカラーと高級市場路線で他を追随する「百度外売」(2)
現在百度外売の配達員は約4万人あまり、平均配達所要時間は32分だという。配達員は全て健康証明と無犯罪証明を所持。また食品の安全性確保のため、各配達員に振り分けられた登録番号により、配達した食品全てを追跡確認できるようになっている。多くのユーザーが、百度外売の配達スピードが最も速く、配達員の態度も良いと評価している。サービスの良さは百度外売が行う厳格な評価体系によるところが大きいだろう......

 


 

トレンドウオッチ [ 2016年12月16日 ]

出前アプリ大手3社「百度外売」「美団外売」「餓了么」徹底研究 (10)
ホワイトカラーと高級市場路線で他を追随する「百度外売」(1)
百度外売は、中国ネット検索サービス最大手の百度(バイドゥ)が打ち出した出前アプリだ。2014年5月に正式に運営をスタート、3大アプリの中では最も歴史が浅い。中高級のホワイトカラー市場を主要なターゲットにしている。注文はウェブサイト、アプリ、更には地図アプリ「百度地図」にある「附近」機能を使って行う。つまり、百度の検索プラットフォームと百度地図を利用したO2Oサービスだ......

 


 

トレンドウオッチ [ 2016年12月15日 ]

出前アプリ大手3社「百度外売」「美団外売」「餓了么」徹底研究 (9)
「大衆点評」と「微信」をバックに勢力拡大する「美団外売外売」(2)
現在、美団外売外売の配達員の人数は合わせて6万人を超える。また、レストラン側へのサポートを提供する「快驢」システムも開発、加盟店に財務処理や商品管理に関するサポートを提供している。そのうちの「快驢調達」システムでは、出前アプリの加盟店に食材や使い捨て食器、酒・飲料等の供給サービスを行っている......

 


 

トレンドウオッチ [ 2016年12月13日 ]

出前アプリ大手3社「百度外売」「美団外売」「餓了么」徹底研究 (8)
「大衆点評」と「微信」をバックに勢力拡大する「美団外売外売」(1)
15年10月には中国最大のグルメ口コミサイト「大衆点評」と合併(グループ購入市場では、美団外売外売と大衆点評のシェアがそれぞれ1位と2位を占める)。より知名度がアップし、人気レストランの加盟も増えた。これにより美団外売外売自体のクオリティと信用度もアップし、また三線・四線級都市の提携レストランも大幅に増えた......

 


 

トレンドウオッチ [ 2016年12月12日 ]

出前アプリ大手3社「百度外売」「美団外売」「餓了么」徹底研究 (7)
出前アプリの先駆的存在でトップを維持する「餓了么」(2)
配送ルートの決定は、調理完了時間、食品の受取場所、配達目的地の他に、道路状況や天気、配達優先度等の情報を加味して最適なルートが算出される。現在、蜂鳥配送システムは加盟店とクラウドソーシングパートナー向けに開放されており、これにより配達の効率は大きく改善している......

 


 

トレンドウオッチ [ 2016年12月9日 ]

出前アプリ大手3社「百度外売」「美団外売」「餓了么」徹底研究 (6)
出前アプリの先駆的存在でトップを維持する「餓了么」(1)
餓了么は2012年3月に運営をスタート、中国初のオンライン出前プラットフォームだ。人気芸能人を起用して宣伝を行った初の出前サイトでもある。人気のバラエティー番組「奔跑吧兄弟(Running Man)」で爆発的人気を博した王祖藍をイメージキャラクターに採用、制作された数々のお笑いモードの広告は、消費者に大きな印象を残し、多くの若者から支持を得ることに成功した......

 


 

トレンドウオッチ [ 2016年12月8日 ]

出前アプリ大手3社「百度外売」「美団外売」「餓了么」徹底研究 (5)
出前アプリ大手3社の分析及び比較
出前アプリ大手3社の餓了么、美団外売外売、百度外売は、筆者も全て利用した経験がある。それぞれが異なるポジショニングと特徴を持っている。レストランの選択肢が最も多いのは美団外売外売だ。百度外売は著名レストランやチェーン店の数が多く、餓了么は小型店や軽食店が多い......

 


 

トレンドウオッチ [ 2016年12月6日 ]

出前アプリ大手3社「百度外売」「美団外売」「餓了么」徹底研究 (4)
出前アプリユーザーの特性は?
出前アプリの主要なユーザー層はホワイトカラー、学生、そして単身居住者で、35歳以下の若年層が多いのも特徴だ。ホワイトカラーは食事の質を重視する傾向がより高く、価格に対する敏感度はそれほど高くない。客単価も通常80元を超える。学生が重視するのはコストパフォーマンスで、客単価も低く、10~30元が多い。単身居住者のニーズはホワイトカラーに類似しているが、利用頻度はやや低い......

 


 

トレンドウオッチ [ 2016年12月5日 ]

出前アプリ大手3社「百度外売」「美団外売」「餓了么」徹底研究 (3)
出前アプリ市場の主要プレイヤーとシェア
現在の出前アプリは4つに分類できる。1つは第三者運営の大型出前プラットフォーム。レストランがアプリに加盟してメニューを提供する仕組みだ。代表的なのは上述の百度外売、美団外売外売、餓了么の3強。大手ネット企業グループの資金力を活用して瞬く間に市場シェアを拡大。その便利さとタイムリーな配達サービスにより、多くのユーザーがモバイル出前アプリを利用するきっかけとなった......

 

    1 ページ 全 2 ページ (総数: 12)