中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから

全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー

 

中国都市別市場レポート [ 2011年11月28日 ]

素朴さときめ細やかさを兼ね備えた鄭州人の消費感覚②
「体験型消費」と「会員型消費」を歓迎する鄭州人
鄭州人の興味を惹く為には、ディスカウントは欠かせない。しかし、ディスカウントキャンペーンは今や少しも目新しいものではないため、大胆なキャッシュバック、大型割引、キャンペーンの回数と連続性などの工夫が必要になってくる。

 


 

中国都市別市場レポート [ 2011年11月25日 ]

素朴さときめ細やかさを兼ね備えた鄭州人の消費感覚①
鄭州人は買い物はゆっくり、倹約家の側面も
内陸に位置する鄭州の消費習慣は、沿海部都市とは大きく異なる。おしゃべり好きな鄭州人は、例えば化粧品を買うときは必ず腰を下ろして販売員との世間話で盛り上がるのが常だ。販売員とのおしゃべりがメインで、ついでに試供品をもらって帰る、というようなこともある。

 


 

中国都市別市場レポート [ 2011年11月23日 ]

鄭州のハイエンド消費②
充実した輸入食品市場、有機野菜や高級ワインも
鄭州の輸入食品市場は、二線都市の中では比較的上位にあるといえる。ハイエンドスーパーにおいて、輸入食品の比率は比較的高く、輸入食品だけを扱う専門店も非常に多い。2009年の市場規模は約1億人民元で、主な消費者郡は収入が高く安全と健康に関心の高い人々である。

 


 

中国都市別市場レポート [ 2011年11月21日 ]

鄭州のハイエンド消費①
鄭州の高級ブランド市場は発展途上
国際贅沢品ブランドの鄭州市場への進出は加速している。だが、国際一級ブランドの進出率は15%にすぎず、上海(96%)、広州(75%)、成都(58%)、武漢(25%)と比べると相当な開きがあり、ブランドの選択肢が十分でないのが現状だ。

 


 

中国都市別市場レポート [ 2011年11月18日 ]

多元的な発展を遂げる鄭州のショッピングエリア②
鄭州の「花園路」は流行・トレンドを重視
二七ショッピングエリアのごった返した印象に比べ、2009年に発展し始めたばかりの花園路ショッピングエリアは、おしゃれで整然としたイメージ。高級住宅街とAクラスのオフィスビルがひしめきあい、富裕層消費者や高級ホワイトカラーがメインターゲットだ。

 


 

中国都市別市場レポート [ 2011年11月16日 ]

多元的な発展を遂げる鄭州のショッピングエリア①
「二七」と「花園路」、鄭州の対照的な商業エリア
政府の「中部発展」政策の下、鄭州の発展は目覚ましいものがある。都市全体が商業的熱気に溢れ、ショッピングエリアもまた多元的な発展を遂げている。最も注目に値するのは、「旧-伝統」と「新-現代」を象徴する「二七ショッピングエリア」と「花園路ショッピングエリア」の二つであろう。

 


 

中国都市別市場レポート [ 2011年11月12日 ]

河南1億人の消費潜在力に影響を与える都市-鄭州②
鄭州人が親近感抱く台湾系の「丹尼斯」
鄭州の代表的な商業集団の一つに丹尼斯集団がある。台湾系企業だが、河南省で培養された河南企業ということもできる。店長クラスの人材はすべて河南を採用しているため、鄭州人は丹尼斯集団に対し、共感とローカルブランドに対するような親近感を抱いている。

 


 

中国都市別市場レポート [ 2011年11月10日 ]

河南1億人の消費潜在力に影響を与える都市-鄭州①
「中原を制するものが天下を制す」
鄭州は、同じ中部地域の重要都市である武漢と異なり、外地の大型商業集団の健闘が目立つ。「中原を制するものが天下を制す」という認識の下、鄭州市場に腰を落ち着けた後、さらに1億の消費人口を誇る河南、ひいては中部地区全体を手に入れようと狙っているからである。

 

    1 ページ 全 1 ページ (総数: 8)