中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから

全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー

 

中国都市別市場レポート [ 2012年9月25日 ]

多元構成、拡大し続ける天津消費市場 (3)
新たな商業の中心地、天津濱海新区
天津濱海新区は巨大な消費潜在力を持っている。11年の小売売上高は882億5000万元で、15年には1200億元以上になるとされる。現在、ミドル~ハイエンド商場がメインで、金元宝商厦、金元宝濱海購広場、友誼名都百貨、永旺夢楽城(Aeon)などがその代表格だ。なかでも中金元宝商厦の12年上半期の売上高は天津市トップの13億2000万元だった。……

 


 

中国都市別市場レポート [ 2012年9月20日 ]

多元構成、拡大し続ける天津消費市場 (2)
天津の贅沢品の代名詞、小白楼商圏
天津市で比較的発展の歴史の長い濱江道~和平路~南京路商圈は、小白楼商圏と東馬路商圏がここ数年で華麗に転身を遂げたもので、全く異なる様相を呈している。小白楼はかつての租界で、独特な雰囲気を持っている。2007年の海信広場オープン後、小白楼商圏は天津の贅沢品の代名詞となり、Gucci、Cartier、Prada、Salvatore Ferragamo、Bottega Veneta、Armani、Fendiなど国際的高級ブランドが進出。現在では年間売上高が15億元以上という成績を実現している。……

 


 

中国都市別市場レポート [ 2012年9月18日 ]

多元構成、拡大し続ける天津消費市場 (1)
天津で最も重要な商圏は濱江道歩行街
中国四大直轄市のひとつである天津市。市の中心には五大商圏があり、「工」の字型の配置をしている。上部の横1本のラインは南京路商圏で、ここから東方向に伸びた先に小白楼商圏がある。中間の縦1本のラインは濱江道商圏。下の横1本のラインは和平路商圏で、ここから北方向に伸びた先に東馬路商圏があり、巨大な都市の核心を形成している。……

 

    1 ページ 全 1 ページ (総数: 3)