中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから

全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー

 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2017年9月25日 ]

急発展する中国ビッグデータ市場 (8)
企業のビッグデータ応用状況 (1)
中国信息通信研究院が全国1465社の企業を対象に調査を行い公表した「中国ビッグデータ発展調査報告(2017年)」によると、6割近い企業が既にデータ分析関連の部門を設けているという。設置準備中の企業も27.3%に及び、企業の大多数がデータ分析の重要性を認識している。 また、そのうち三分の一を超える企業(35.1%)が、既にビッグデータの応用を開始しており、今後1年以内にビッグデータの応用を開始する予定の企業も22.9%にのぼる......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2017年9月22日 ]

急発展する中国ビッグデータ市場 (7)
中国ビッグデータの真の主役は中小企業
中国ネット企業大手「BAT」3社による各種取り組みにより、ビッグデータ産業が注目を集めているが、実際のところ、中国のビッグデータ企業は依然として中小企業が主流だ。国家信息中心の統計によると、ビッグデータ企業の7割は登録資本金が1,000万元以下であることがわかる......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2017年9月21日 ]

急発展する中国ビッグデータ市場 (6)
中国ビッグデータ産業を主導するインターネット企業
中国では、インターネット企業がビッグデータ産業を主導している。彼らは大量のユーザーデータを持ち、これらを分析して自社のECや広告、映像・エンターテイメントなどの業務に反映させている。またO2O(オンライン・ツー・オフライン)が流行する中で、これらインターネット企業はその業務を金融、保険、旅行、健康、教育、交通サービスなど幅広い領域に広げつつある......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2017年9月19日 ]

急発展する中国ビッグデータ市場 (5)
ビッグデータ産業チェーン
現在データソースは多元化しており、主なものとして統計局、工業情報化部、国家各部門が公表する公的データ、業界団体が公表する業界データ、インターネット企業や第三者機関が公表する第三者データ、CRM及びERP等企業の自社データ、企業提携及びデータ取引によって取得された外部企業データがある......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2017年9月18日 ]

急発展する中国ビッグデータ市場 (4)
ビッグデータ産業の地域別分布
中国のビッグデータ産業は、経済の発展した地区に集中する傾向があり、北京、広東、上海がその中核地区となっている。これらの都市では情報技術産業のインフラが整っており、産業チェーンも確立されている。また、規模も拡大を続けている。 この他、貴州、重慶、武漢を中心とするビッグデータ産業園も、政府の政策サポートの下、地区の経済発展を主導する役割を果たしている......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2016年11月1日 ]

中国モバイル決済の最新動向を徹底分析 (8)
生活に欠かせないモバイル決済
現在の中国では、張女史のようにモバイル決済で日常のほぼ全てを解決している人が急増中だ。今後も更にモバイル決済を利用するシーンがますます増え、それとともに支付宝や微信の利用機会も間違いなく増えていくだろう。モバイル決済市場は今後も続々と目新しいサービスや企画が目白押しとなり、更なる多様化も進むだろう......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2016年10月31日 ]

中国モバイル決済の最新動向を徹底分析 (7)
今後も競争激化が予想される各社のプロモーション
モバイル決済の飛躍的普及は、支付宝と微信支付が大きな推進力となった。決済システムを自らの電子ビジネスサイトや出前(ケータリング)、タクシー、通信、その他各種商品及びサービスを提供するアプリと接続し、またレストランや小型商店、多国籍スーパー等数百万に及ぶ多様な小売店と提携した。更には巨額の資金を投入し、加盟店を通じて優待や特売日の大規模なキャンペーンを展開、消費者のモバイル決済利用を習慣付けるための機会を演出した......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2016年10月28日 ]

中国モバイル決済の最新動向を徹底分析 (6)
苦戦中のApple Pay
モバイル決済の方法は多数あり、ショートメッセージによるもの、QRコードの読込みによるもの、指紋認証によるもの、声帯認証、NFC(近接距離通信)等様々だ。しかし現在主流となっているのは支付宝、微信に代表されるQRコード読込みによるものと、Apple Pay、Samsung Payに代表されるNFC方式の2つと言えるだろう。サービス開始時期が早いことと、巨額の投資を用いて利用者の関心を惹くプロモーションを展開してきたことで、支付宝と微信のQRコード読込み方式は広く大衆に受け入れられ、習慣化し、最もメジャーな決済方法に成長している......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2016年10月27日 ]

中国モバイル決済の最新動向を徹底分析 (5)
モバイル決済利用者の利用ケース分析
 各利用者のモバイル決済利用頻度も増加傾向にある。2015年、毎日モバイル決済を利用した人の割合は33.6%だった。更に週に2~3回利用していると回答した人は36.5%、週に1回程度の利用者は10.3%で、三者の合計で80.4%に達した。14年の71.3%に比べても更に増加していることがわかる......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2016年10月25日 ]

中国モバイル決済の最新動向を徹底分析 (4)
モバイル決済利用者の特徴
95後がモバイル決済の主力であることは先に述べた通りだが、利用者の全体像はどのようになっているだろうか。中国支払精算協会モバイル決済業務委員会の調査によると、モバイル決済の利用者は若年・中年層が主体とのこと。2015年にモバイル決済を利用した人の割合は21~30歳が最も多く、54.4%だった。次いで31~40歳で26.2%、41~50歳が第3位で8.8%、更に20歳以下が7.7%と続く。若年・中年層は一般に新しいものを好んで受入れる傾向が強く、また支払の利便性に対するニーズも高い......

 

    1 ページ 全 29 ページ (総数: 289)