中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから

全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー

 

中国ビジネス最前線 [ 2017年9月14日 ]

急発展する中国ビッグデータ市場 (3)
政府による政策の大量公布
16年3月には「中華人民共和国国民経済及び社会発展第十三次五ヶ年計画綱要」の中で、国のビッグデータ戦略実施が明確に示された。政策の細分化も進み、国家発展改革委員会、環境保護部、工業情報化部、国家林業局、農業部等がビッグデータ発展についての意見や方案を相次いで公布。ビッグデータ政策は全体計画から各領域へと広がりを見せ始めた......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2017年9月12日 ]

急発展する中国ビッグデータ市場 (2)
中国ビッグデータ産業の規模と予測
中国信息通信研究院が公表した「中国ビッグデータ発展調査報告(2017年)」によると、2014年の中国のビッグデータ中核産業(※)の市場規模は84億元であったが、16年には168億元に成長したという 。2014~16年の年平均成長率は41.4%前後と高く、国の政策面でのサポートやビッグデータの応用が各業界に浸透していくのに伴い、当面この急成長の勢いは止まらないと思われる。2022年には中国におけるビッグデータ中核産業の市場規模が1000億元近くに達すると予想されている......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2017年9月11日 ]

急発展する中国ビッグデータ市場 (1)
政策の先導により、業界内での応用も多元化
現在、世界のデータ総量は毎年倍々的に増加し、2020年には44兆GBに達することが見込まれている。中国はその20%近くを占めると予想される。貴州省の貴陽大数据交易所(ビッグデータ取引所)の統計によると、世界のビッグデータ産業の規模は2020年に1兆280億米ドルに到達。そのうち、最大の市場シェアを占めるのはアメリカで37.22%、次いで中国が20.30%を占めるとしている......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2017年7月25日 ]

中国アパレル業界最新動向 (13)
セレクトショップは日本ブランドの選択肢
中国市場にこれから進出する日本のブランドの選択肢になるのが、セレクトショップでの販売だ。日本ブランドへの評価は「デザインのレベルが高い」、「素材がいい」と高く、いずれも一部ブランドを販売している。しかし、共通する意見が「知名度が低い割には値段が高い」こと。日本ブランドを中国に正規で輸入すると関税や増値税が加わり、中国での小売価格が日本の2倍にもなる。......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2017年7月24日 ]

中国アパレル業界最新動向 (12)
急がれる「新小売り」時代への対応
昨年10月13日、中国電子商取引最大手、アリババ集団の馬雲(ジャック・マー)会長はある会合で、「10~20年後には『ネット通販』という言葉は消滅する。あるのは『新小売り』だけだ」と語った。その後、「新小売り」は、小売業界の進むべき方向としてメディアなどに取り上げられ、人口に膾炙(かいしゃ)する。新小売りの明確な定義はないが、ネットとリアルを高度に融合し、消費者にとっての最適なチャネルで商品・サービスを提供するというニュアンスで、オムニチャネル化とほぼ同義だ......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2017年7月21日 ]

中国アパレル業界最新動向 (11)
変化する販売チャネル――ネット通販とセレクトショップ (2)
上海市に隣接する江蘇省昆山市で3店舗を展開するセレクトショップ「如是学」。オーナーの張暁唯さんは「ファストファッション全盛の時代は終わり、デザイナーの個性を大事にするセレクトショップが支持されていく」と考え、2011年にそれまで経営していたファストファッション専門店を畳み、如是学を立ち上げた。顧客ターゲットは20代後半から45歳の働く女性で、中国人デザイナーの天然素材を使った高級ブランドを中心に取り扱う......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2017年7月20日 ]

中国アパレル業界最新動向 (10)
変化する販売チャネル――ネット通販とセレクトショップ (1)
アパレル製品の販売チャネルの主役は、従来の百貨店やショッピングモールから、ネット通販にシフトしている。それを象徴するイベントが、中国ネット通販最大手のアリババグループが11月11日(独身の日)に行う「双十一」だ。昨年の双十一では、ユニクロがアパレル分野の総合でトップ、レディースで1位、メンズでは5位だった。取引額が1億元に達した時間がセール開始からわずか2分53秒となり、全カテゴリーのブランドの中で最も速かった。キャンペーン対象商品は午前10時で完売した......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2017年7月18日 ]

中国アパレル業界最新動向 (9)
中高級レディースはM&A、〝総合化〟の動き活発
中国では14年以降から15年上期の間に維格娜絲時装(V・GRASS)、珂莱蒂爾(Koradior)、深圳歌力思服飾(ELLASSAY)と高級レディースブランド3社が相次いで上場。中高級レディースブランドの上場企業は現在、8社になった。上場企業の一部はこの1、2年、M&Aに成長の活路を見出している。朗姿(LANCY)は15年、韓国のベビー服・用品大手、アバガンを買収。深圳歌力思服飾も16年、フランスの高級レディースブランド「IRO」を間接買収した.......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2017年7月17日 ]

中国アパレル業界最新動向 (8)
本物志向のローカルブランドと日本製生地の内販拡大
ICICLEの生地は60%が輸入品で、うち35%が日本産、25%がイタリア産だ。残り40%は中国産だが、その多くは日系企業が現地で生産したものである。生地の多くはオーガニックコットンなどの天然素材で、染料も草木染めなどの環境負荷の少ないものに限定する。輸入品が多いのは「品質」「環境保護」にこだわった結果という。「品質はラグジュアリーブランドと同等だが、価格はその3分の1というのが評価されている」......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2017年7月14日 ]

中国アパレル業界最新動向 (7)
台頭するネット通販専業ブランドの動向
中国のインターネット通販専業ブランドがリアル店舗への進出や上場など、新たな動きをみせている。背景にはリアル店舗主体の大手アパレルがネット通販に進出し、競争が激化していることがある。これまでは「安かろう、悪かろう」のイメージだったが、高級ラインを打ち出すネット通販ブランドも現れている。この6年間、中国ネット通販市場の拡大とともに、ネット通販専業のレディースブランドは急成長してきた......

 

    1 ページ 全 9 ページ (総数: 82)