中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから

全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー

 

中国都市別市場レポート [ 2017年6月15日 ]

深セン消費現場視察レポート (9)
消費主導型経済の“あるべき姿”を体現
あるアパレル系チェーン店の話では、「中国の中でも深センは特殊で、いまや日本や香港と同じマーチャンダイジングで通用する唯一の都市」とのこと。一定水準を超えた経済力を持つ裾野の広い消費者層を背景に、底堅い深セン消費現場の視察から、中国政府が目指す消費主導型経済の“あるべき姿”がそこにあるように感じた......

 


 

中国都市別市場レポート [ 2017年6月13日 ]

深セン消費現場視察レポート (8)
観光・レジャーと一体で発展する南山~海岸城、益田假日広場が「万象城」の牙城に挑む (2)
08年オープンの益田假日広場 は五つ星のウェスティンホテルが隣接する屋内型モール。地元の運転手が「高級ブランドや時計がたくさんある」と言っていたように、現地では高級ブランドモールとして認識されているようだ。ブランドショップに加えてアイススケートリンク や映画館もあり、昨今の「コト」消費にもしっかり対応......

 


 

中国都市別市場レポート [ 2017年6月12日 ]

深セン消費現場視察レポート (7)
観光・レジャーと一体で発展する南山~海岸城、益田假日広場が「万象城」の牙城に挑む (1)
深センの代表的な商圏、3つ目は「南山」だ。南山には香港国際空港から直接フェリーで入境できる「蛇口」港があり、物流の拠点としても早くから発展してきた。日本人学校もあり、海岸線沿いに高級マンション群が相次いで建設されるなど、居住地域としても人気のあるエリアだ......

 


 

中国都市別市場レポート [ 2017年6月9日 ]

深セン消費現場視察レポート (6)
深センで最も勢いのある「福田」商圏~IT系の「華強北」とビジネス系の「中心区」が棲み分け(2)
もう一方の福田中心区エリアは、深センのビジネス中心地。高層ビルが居並ぶオフィス街の下には深セン最大の地下商業施設も存在する。商業施設の競争も激しく、500m以内のエリアに「Co Co Park」、「怡景中心城」、「皇庭広場」などのモールが集中、商業エリアの面積は10万㎡を超える。地下には深セン最大のグルメタウンに「連城新天地」、「東海繽紛天地」、「下沙KKONE」など特色溢れる美食ストリートが連なっている……

 


 

中国都市別市場レポート [ 2017年6月8日 ]

深セン消費現場視察レポート (5)
深センで最も勢いのある「福田」商圏~IT系の「華強北」とビジネス系の「中心区」が棲み分け(1)
福田も2つの商圏に分けることができる。1つは「華強北」、もう1つは「福田中心区」だ。深センの“秋葉原”とも言われる華強北は電子関連製品で名高く、東は上歩中路から、西は華富路まで、また北は紅茘路から、南は深南路までの範囲に広がっている。人出の一番多い時期には1日70万人に達することも。またここからは賽格、華発、桑達、中航、華聯発、華強、愛発といった中国電子工業界の有名企業も数多く生まれているほか、騰訊(テンセント)、創緯(Wistron)、金蝶(Kingdee)、大族激光(Han's Laser)、海能達(Hytera)など著名企業もここが故郷だ......

 


 

中国都市別市場レポート [ 2017年6月6日 ]

深セン消費現場視察レポート (4)
根強い人気の東門歩行街
上海の南京東路を彷彿させる東門商業歩行街 。一時代前の雰囲気を残す百貨店や通りなどからは、中国経済が浮上しはじめた90年代頃の熱気や高揚感が想像できるような雰囲気を醸し出している。前身の「東門老街」は深センで最も歴史の古い商店街で、その歴史は明代中期にまでさかのぼり、すでに1600年の歴史を有している。1950年代には深セン発展の中心でもあった。99年に深セン政府が東門老街の整備に着手。3年の時間と5.7億元の資金を費やし、東門商業歩行街として再生された......

 


 

中国都市別市場レポート [ 2017年6月5日 ]

深セン消費現場視察レポート (3)
深セン最大の商業規模を誇る「羅湖」
今でも深セン最大の商業規模を誇る羅湖。羅湖の商圏は「東門」商圏と「人民南」商圏に分かれる。東門は深センで最も歴史の古い商圏で、現在その大部分はアパレルの卸売・小売の店で占められている。代表的な商業施設は老舗の「茂業百貨」と「天虹百貨 」。これに対し、人民南商圏は遅れて発展してきた新しいエリアで、多くの商業コンプレックスが集まっている。万象城のほかにも「金光華広場」や「天虹」、「華潤1234space」など新旧特徴ある商業施設が並び、さらには解放路と南慶街を中心に広がる「東門歩行街」もある......

 


 

中国都市別市場レポート [ 2017年6月2日 ]

深セン消費現場視察レポート (2)
中国第3位の実力が圧倒的な存在感~深セン消費の“顔”「万象城(MIXC)」
深センの消費現場、特に商業施設にスポットライトを当てると“万象城から始まり万象城で終わる”といっても過言ではないほど「万象城(MIXC )」が圧倒的な存在感を示している。華潤集団傘下で中国全土26都市に店舗を構える万象城。深セン万象城は04年に第1号店をオープン。16年の売上は67億元で深セントップ。2位「海岸城」の30.5億元、3位「海雅繽紛城」の23.4億元を全く寄せ付けないほど圧倒的な業績を誇っている。(「表1:深セン商業施設売上げランキング」参照 )全国でも北京SKP(旧・新光天地)、南京徳基広場に続いて第3位となっており、深センだけではなく中国を代表する商業施設ともいえる......

 


 

中国都市別市場レポート [ 2017年6月1日 ]

深セン消費現場視察レポート (1)
香港とソフトパワーで消費主導型経済のお手本に
1992年の鄧小平氏による南巡講話から始まる改革開放 の先鋒として、中国経済の現代化と急成長を先導した深セン。経済発展レベルも他の追随を許さないほど中国トップクラスを維持している。2016年のGDPは1兆9492.6億元、1人当たりGDPは16万7000元となっており、都市別では上海、北京、広州に続き第4位にランクインしている。 2016年の社会消費品小売総額は5512.76億元で、北京、上海、広州、重慶、成都、天津、武漢に次ぐ全国第8位だ......

 


 

中国都市別市場レポート [ 2016年1月21日 ]

内陸部の巨大消費都市、武漢と長沙 (14)
平和堂、湖南での日本ブランド浸透を牽引
平和堂は湖南省で唯一の日系百貨店だ。これは、湖南省と平和堂が拠点を置く滋賀県の友好関係から生まれた「結晶」と言える。......

 

    1 ページ 全 18 ページ (総数: 180)