中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー


【第356回】 台北に「アトレ」がオープン
台北で感じた中国の便利さ
2019年2月13日
春節休暇で多くの客が押し寄せた台北「微風南山アトレ」
春節休暇で多くの客が押し寄せた台北「微風南山アトレ」
 春節休暇で訪れた台湾・台北で、今年1月10日にオープンしたばかりの「アトレ」に行ってきました。場所は台北の“新副都心”とも言える信義区。市政府はじめ、新光三越や誠品書店、台北101などが集積する一大ビジネス・ショッピングエリアになっています。

 アトレが入居しているのが「微風(ブリーズ)南山」。お洒落でハイセンスなモール運営に定評のある地場系「微風広場」の新しい商業施設です。地下2階から7階までのフロア構成のうち、アトレと三井物産が2階から4階のテナント誘致を担当。4階の屋上には、京都の伏見稲荷大社のように赤い鳥居が並べられた「恵比寿神社」もあり、背景に映る台北101とのコントラストがまさに「インスタ映え」の好スポットに。

 春節休暇中で、かつオープンしたてで話題の施設ということもあり、館内は多くの客でごった返し、エスカレーターに乗るのに行列ができるほど。特に飲食系が充実しており、東京チーズファクトリーやKOBE SWEETS CAFE、九州パンケーキなどに人気が集まっていました。

 久しぶりの“人混み”を経験し、ふと思ったのが、しばらくこうした活気のあるリアルの消費現場を目にしていないということ。スマートフォン(スマホ)で何でも消費するのが日常生活になりつつある中国。食事も出前で済ませ、コンビニですらネットスーパーで事足りるようになっています。

台北101を背景に「恵比寿神社」が「インスタ映え」の好スポットに
台北101を背景に「恵比寿神社」が「インスタ映え」の好スポットに
 久々に台湾でスーパーに出向き、ペットボトル入りの水を数本購入。ずっしりと思い買い物袋を手に、家まで歩いて戻るのも本当に久しぶり。ほんのつい1、2年前まではこのような生活をしていたのですが。盒馬、外売もない。滴滴もシェア自転車もない。いかに中国での生活が便利で、こうしたサービスに頼りきりだったかを痛感させられます。

 お陰様で、毎日の歩数が1.5から2万歩となり、重い荷物を運んだせいか、身体中が筋肉痛にもなりました。健康のためには、こうした生活のほうがむしろいいのかもと思いながら、上海に戻った瞬間に元の生活に。自宅に届けられた水や除湿機などを眺めながら、配送員の方々に「感謝」の気持ちで一杯になりました。 
このページをA4版で印刷する
 前のページに戻る