中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから

全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー


【第87回】 済南で見た地場大手の百貨店
中国の地方市場、実は巨大マーケット
2013年9月11日

 IMG_9272s.jpg
天下第一泉~趵突泉

  先日、山東省の省都・済南を訪れました。済南といえば、収賄・横領などの罪で起訴されていた薄熙来・元中国共産党中央政治局委員の裁判が開かれた場所で、中国だけではなく世界中のメディアからにわかに注目を集めました。

  山東省においては、青島ビールや家電のハイアール、イオンの活躍などにより、青島のほうが馴染み深いでしょう。これまで青島には何度か足を運んだことがあるのですが、済南は初めての訪問でした。

  済南空港についてまず目に飛び込んだのが「好客山東(フレンドリー山東)」のキャッチフレーズ。中国各地で見られる観光客向けの単なるアピール(キャッチフレーズ)と思っていました。しかし実際に済南の街中で驚いたのですが、レストランやショップ、屋台など接客員の態度はホスピタリティーに満ち溢れていました。

  上海などの大都市で教育されたスタッフが行う接客と違い、自然で心からの気持ちが感じられ、心が和みました。済南郊外の百貨店では、雨のなか、入口で傘をビニール袋に入れようとしたとき、年配の女性の方とほぼ同時になったのですが、彼女がすかさず「どうぞお先に」と手を差し出してくれました。このような些細なほのぼのとできる出来事をここかしこで体験しました。

  市内には趵突泉(別名「天下第一泉」)に代表される「七十二名泉」があります。水量の多く美しい泉水が湧き出ているため、済南は「泉城」とも呼ばれています。泉水はこれまで天候や都市開発などの影響により枯渇することもしばしば。政府はこの貴重な自然資源を保護するために市内中心部での地下鉄建設を断念したほどです。

 IMG_9196s.jpg
  このような自然保護も関係し、省都でありながら青島などと比べ都市開発が若干遅れているような気がします。国外や他省からの不動産や小売流通面での投資も目立たちません。その保護された環境下で地元の小売流通業を牛耳っているのが「山東銀座商城」です。1996年創業で、百貨店を中心に70店舗を展開中。2012年売上高は前年比15.3%増の320億元(約5120億円)超で、中国百貨チェーン企業ランキングは第4位です。12年は同省内に9店舗をオープンするなど出店ペースを加速させています。

  地味で目立たない済南で、中国のイオンやイトーヨーカ堂を圧倒的に凌ぐ売上を叩き出している地元系小売流通チェーンが存在することは、日本ではあまり知られていないのではないでしょうか。地元市場を押さえるだけでこれほどの事業規模になりうる事実を直視し、巨大マーケット中国をいかに攻略するか改めて腰を据えて取り組まなくてはならないと感じます。

Copyright (C) CAST Consulting Co., Ltd. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
本資料に関する著作権は弊社又は弊社に所属する作成者に属するものであり、本資料の無断引用、無断変更、転写又は複写は固くお断りいたします。

 
このページをA4版で印刷する
 前のページに戻る