中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから

全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー

 

マーケティング戦略分析 [ 2018年6月15日 ]

政策緩和と投資増で沸く中国中古(二手)車市場(2)
中古車プラットフォームの運営モデル
中古車プラットフォームの運営モデルは、実際の取引にかかわるか否かで、情報サービスと取引サービスに分類できる 。情報サービスを主体とするプラットフォームは、主に売買双方の情報提供と検索サービスを提供するのみで、実際の取引には関与しない......

 


 

マーケティング戦略分析 [ 2018年6月14日 ]

政策緩和と投資増で沸く中国中古(二手)車市場(1)
中古車販売大手3社「優信」、「瓜子」、「人人車」の広告合戦が激化
中国汽車工業協会(中汽協)が発表した17年の中国新車販売台数は、前年比3%増の2887万9000台と過去最高を更新、9年連続で世界一の自動車市場となった。しかし、小型車減税が縮小された影響からか、伸び率は11年以来6年ぶりの低水準だった。これに反して、中古車の販売状況は好調だった。中国汽車流通協会の統計によると、17年に取引された中古車は1240.09万台で、前年比19.33%の成長。売上も8092.72億元に達した......

 


 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2018年6月13日 ]

【第325回】 グレードアップする中国の新たな見方
「失われた5年」を糧に戦略立案を
2012年秋の反日騒動を機とするチャイナリスク懸念の高まりを背景とした、中国ビジネスの「失われた5年」。その間に、中国はスマートフォン(スマホ)や電子決済の普及を土台に、シェアリングエコノミーやアプリビジネス、ビッグデータを活用した小売流通や物流業などが急発展。それまでは日本を「見習え追いつけ」で来ていた分野がいずれも「追い越し」て、逆に日本が気づいたら「見習う」立場になっていたという状況ではないでしょうか。……

 


 

トレンドウオッチ [ 2018年6月12日 ]

超人気“仏系”スマホゲーム「旅行青蛙(旅かえる)」(4)
全盛期を迎える中国スマホゲーム市場
中国音数協遊戯工委(GPC)、調査会社のガンマデータ(伽馬数据:CNG)、国際データ会社(国際数据公司:IDC)が共同で公表した「2017年中国ゲーム産業報告」によると、17年の中国ゲーム市場の売上は2036.1億元で、前年比23%の成長。ユーザー規模は前年比3.1%増の5.83億人だった。ゲーム、eスポーツ、モバイル市場の調査会社であるNewzooのデータでも、17年の中国モバイルゲーム業界の売上規模は180億米ドル近くに達し、2年前の2倍以上に成長しているという......

 


 

トレンドウオッチ [ 2018年6月11日 ]

超人気“仏系”スマホゲーム「旅行青蛙(旅かえる)」(3)
存在感を増す女性ゲームユーザー
「旅行青蛙」の爆発的人気は、女性ユーザーの増加も大きく関係している。ミニブロクの微博(ウェイボ)指数によると、旅行青蛙の女性ユーザーの数は、全体の80.74%にも達している。年齢構成で見ると、19~24歳がメイン層だ。急成長するスマートフォン(スマホ)向けゲーム市場で、若干飽和感のある男性ユーザーを尻目に、女性が同市場の成長を支える存在となりつつある。2013~16年のスマホ向けゲーム市場の成長は、その84.4%を女性が占め、男性の5.4倍の伸びだった......

 


 

トレンドウオッチ [ 2018年6月8日 ]

超人気“仏系”スマホゲーム「旅行青蛙(旅かえる)」(2)
「旅行青蛙」人気を支える「仏系」
「旅行青蛙」では、カエルが出かけるかどうか、どこに行くか、いつ帰ってくるのかを、ユーザーは全くコントロールできない。すべて成り行きまかせだ。この点が「仏系」と呼ばれる由来といえる。それゆえに、ユーザーもこのゲームに時間や神経をすり減らすこともなければ、お金すら費やす必要もない。カエルのために荷造りをしてやること以外は、何もすることもない。カエルに指図したり話しかけたりすることもないのだ......

 


 

日経MJ(流通新聞) [ 2018年6月8日 ]

【第129回】 中国&アジア商売見聞録
オフィス内コンビニ乱立(2018年6月8日掲載)
第129回は「オフィス内コンビニ乱立」(2018年6月8日付)。「ニューリテール(新小売)」という名で、リアルとネットを融合したオムニチャネルの概念が広がる中国小売流通業。そこで新たなモデルとして注目を集めるのが「オフィスコンビニ」だ・・・。

 


 

トレンドウオッチ [ 2018年6月7日 ]

超人気“仏系”スマホゲーム「旅行青蛙(旅かえる)」(1)
ほのぼのとした作風が癒しに、女性市場を席捲
最近、中国では、日本のスマートフォン(スマホ)向けゲーム「旅かえる(中国名:旅行青蛙)」が人気だ。 「旅かえる」は、ゲーム開発会社のヒットポイントが2017年末にリリースした放置型シミュレーションゲーム。日本語のままで提供されているにもかかわらず、18年1月20日、中国のApp Store無料ゲームランキングで第1位となった。17年に大ブームとなったゲーム「王者栄耀」や、少し前に話題となった二次元ゲーム「恋与制作人」を抜いての偉業だ......

 


 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2018年6月6日 ]

【第324回】 O2Oから発展、市場拡大中
中国で生まれた「ネット内装」とは?
「ネット内装」と聞いて思い出したのは、数年前に見たモール「蘇寧広場」です。パネル画面から購入できるといった「O2O体験」コーナーを設けるなど、いまで言う「新小売(ニューリテール)」の先導役。そうした中、目にしたのが「尚品宅配」というネット内装の体験店。人気女優の周迅をイメージキャラクターに起用し、カスタムオーダーの家具をネットで受け付けて生産・設置するという、まさに「O2O」内装サービスの走りでした……

 


 

小売・流通現場 [ 2018年6月5日 ]

零細小売店1万店をリアルとネット窓口でアリババが再生する (3)
天猫小店加盟の要件は
天猫小店への改装を希望する場合、営業許可証と経営項目に応じた関連のライセンス、さらには50㎡以上の店舗を有していることが条件となる。店舗は自社所有か、賃貸期限が1年以上残っていることが必須だ。条件を満たす申請者に対して、天猫がその立地、客層、品質など各方面の条件を多角的に審査し、合格すれば晴れて加盟となる。一方、天猫小店の資格を得た店は、偽物を扱わないことを保証するとともに、スマート店舗管理システムの導入に同意しなければならない......

 

    1 ページ 全 213 ページ (総数: 2122)