中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー

 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2019年1月16日 ]

【第352回】 新しモノ好きの若い世代に受けるか
立ち上がる中国のスマートホーム市場
新たに住居を内装する上で、音声認識で電源ON/OFFやカーテンの開け閉めをするといったIoTやAI機能付きのスマート家電を購入する新しモノ好きな若い世代が増える中、ハイアールや美的といった家電大手メーカーのほか、ネット・IT各社、数多くのスタートアップ企業が自らの強みや特徴を活かしながら続々と参入しています。……

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2019年1月15日 ]

中国自動車産業の発展状況とトレンド(6)
新エネルギー車の発展トレンド
2017年、新エネルギー車のうち、純電動A00級(小型)車の販売台数が30.3万台で、全体の53.35%のシェアを占めていた。前年比173%増と成長し、新エネルギー車最大の市場だった。しかし18年に入り、政府の補助金調整策などを背景に、大手自動車メーカーはこぞって航続距離の長い純電動SUVに力を入れ始めている......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2019年1月14日 ]

中国自動車産業の発展状況とトレンド(5)
動力バッテリーも世界一の市場 (2)
不完全な統計ながら、2017年末時点で中国には動力バッテリー企業が140社(建設中も含む)以上あるという。しかしながら、寧德時代(CATL)、比亜迪(BYD)、沃特瑪(OptimumNano)、比克(BAK)、国軒高科(Guoxuan High-tech)など、国内市場ですでに存在感を示している企業を除き、その他は生産能力、技術レベル、価格などの面でやや劣るのは否めない......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2019年1月11日 ]

中国自動車産業の発展状況とトレンド(5)
動力バッテリーも世界一の市場 (1)
2012年以降、新エネルギー車市場は世界的に急成長期を迎えている。12年は11.6万台だったが、17年には162.1万台となり、実に12.97倍の規模に成長した。新エネルギー車の急成長により動力バッテリーの需要も急増。12年の2.7GWが17年には69GWと24倍になった。 新エネルギー車の爆発的増加に伴い、中国の17年の動力バッテリー生産量は44.5GWと世界需要全体の64.49%を占めるに至っている......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2019年1月10日 ]

中国自動車産業の発展状況とトレンド(4)
新エネルギー車は特例扱いで支援
中国の中央政府と地方政府による各種産業育成支援政策は、新エネルギー車産業の成長を後押しする大きな原動力になっている。例えば、中央政府は2009年に、都市部の公共サービス部門に対して新エネルギー車の購入補助金を支給する政策を打ち出したのを皮切りに、車両購入税の免除や全国対象の購入補助金制度なども導入した......

 


 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2019年1月9日 ]

【第351回】 「消費降級」は成熟化の表れ
より「良いモノ」を求める中国の消費者
昨年から中国の消費現場で話題になっている「消費降級」。これは、単なるダウングレードではなく、消費の「成熟化」と捉えられます。何でもやみくもに買う時代から、生活を満足させるために消費を楽しむ時代へ。そして、今はそれらが自分にとって必要かどうか、またその値段や価値が合理的かどうかを重視する時代に変遷してきたのではないでしょうか。「失われた20年」で徹底的に鍛えられた日本企業の商品力や企画力が活かせる時代が来たとも言えます。……

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2019年1月8日 ]

中国自動車産業の発展状況とトレンド(3)
クレジット導入で成長後押し
2009年以降、中国政府は新エネルギー車産業に関する数多くの政策を打ち出した。マクロ管理から応用推進、行政管理、財政優遇、技術革新、インフラなど多方面での同産業の発展及び育成を後押ししてきた。なかでも「省エネと新エネルギー車産業発展計画(2012-2020年)」、「新エネルギー車応用推進に関する指導意見」、「『十三五』国家戦略性新興産業発展計画」などの国家レベルの政策は、新エネルギー車業界発展の方向性を決定付けるものといえる。「省エネと新エネルギー車産業発展計画(2012-2020年)」では、20年に新エネルギー車の生産台数を200万台......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2019年1月7日 ]

中国自動車産業の発展状況とトレンド(2)
根強い輸入車人気
中国汽車工業協会の統計データによると、2017年の自動車輸出台数は89.1万台で、前年比25.8%増と高い伸びを示した。過去4年間は減少傾向が続いていたが、17年に入り増加へと転じている。うち、乗用車の輸出は63.9万台で前年比34%増、商用車は25.2万台で前年比8.9%減だった。一方、中国税関の統計によると、同年1~11月期の自動車の累計輸入台数は114万台で、前年比19%増だったという......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2019年1月4日 ]

中国自動車産業の発展状況とトレンド(1)
新エネルギー車が増勢、世界最大の自動車市場
世界最大の自動車市場に躍り出た中国。頭打ちの傾向がやや見られるものの、SUVや新エネルギー車などが伸びており、市場の成熟度は高まっている。世界市場でも著名な電池メーカーが注目されるなど、新たなキープレーヤーが続々登場している。中国汽車工業協会が公表した統計データによると、2017年の中国の自動車生産及び販売台数はそれぞれ2901.5万台と2887.9万台で、9年連続で世界一となっている......

 


 

トレンドウオッチ [ 2019年1月3日 ]

“無印良品”風の「ノンブランド」が中国で大人気 (18)
ノンブランドは時代の“自然な”流れ 先行者の日本企業に勝機はあるか
より良いモノを求める「消費昇級(アップグレード)」トレンドは、今や中国の社会発展の主旋律となっており、後戻りできない。新たな中間層の誕生とともに、90後(1990年代生まれ)や00後(2000年代生まれ)の若い消費者層が、消費の主力として台頭する中、品質重視の趣向はますます主流となりつつある......

 

    1 ページ 全 235 ページ (総数: 2348)