中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから

全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー

 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2018年10月10日 ]

【第341回】 歴史の壮大さに改めて感嘆
中国は「5000年」の歴史?
「中国4000年の歴史」とよく言いますが、中国では「5000年」というのが一般的だと、中国人クライアントとの会食時に聞きしました。范冰冰(ファン・ビンビン)さんの脱税問題をめぐるネット上のコメントからも思わぬ形でそれが確認できました。……

 


 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2018年10月3日 ]

【第340回】 主役は老舗百貨店から大型モールへ
貴陽で商業施設が続々誕生中
貴州省の省都・貴陽の消費現場の特徴を語る上で外せないのが、地場系の老舗「国貿」と「星力」の存在。それぞれ市内中心部に、いわゆる一昔前の百貨店スタイルの「国貿広場」「星力百貨」を擁しながら、市内各地にモール形式の新業態をオープン。これに対抗して、「万達(ワンダ)」や「亨特」「砂之船奥莱(アウトレット)」など、外地から新しい風が吹き込まれているという構図です。……

 


 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2018年9月26日 ]

【第339回】 ビッグデータで盛り上がる貴陽
貴州省をけん引する次世代産業
省のほとんどが山々で覆われた貴州。海抜1000メートル以上の高地にある省都の貴陽も、大自然の資源を生かした観光業が中心でしたが、近年、突如として急成長のアクセルを踏み始めました。その原動力となったのが「ビッグデータ」産業です。データセンター運営コストのほとんどがサーバーを冷却するための電気代とも言われる同産業の特徴に着目し、夏でも涼しい気候条件と安価な電気代を兼ね備えた同市にスポットライトが当てられたのです。……

 


 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2018年9月19日 ]

かつての“最も貧しい省”が変貌中
ビッグデータ産業で注目される貴陽
内陸部の貴州省は、改革開放政策による経済発展の波にも取り残され、GDPの観点から「中国で最も貧しい省」と長らく言われたりもしました。省内の8割が高山と高原で、高速道路を整備するにも、ひたすら山間に橋を建てるしかない状況。工場進出もままならず、いわゆる製造業を柱とする経済発展からは、一線を画するしかありませんでした。しかし、省都の貴陽で世界中から注目を集める産業育成・発展が進められています。それは「ビッグデータ」です。……

 


 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2018年9月12日 ]

【第337回】 中国EC業界の新たなトレンド
“ノンブランド”のブランドが人気
中国EC業界でオシャレなノンブランド製品が話題になっています。火付け役は「網易厳選」ですが、杭州のアリババモール「親橙里」には「淘宝心選」が1号店を開設。京東、小米、蘇寧など大手ECやIT各社も続々と参入し、一種のブームとも言える状況になりました。本家本元の無印良品にも引けを取らないデザインと品揃えで人気です。……

 


 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2018年9月5日 ]

【第336回】 中国人に大人気の日本ブランド
MUJI製品で溢れる無印良品ホテル
今年1月18日に深センにオープンした世界初の「MUJI HOTEL」に宿泊しました。部屋に入ると、そこはまさに無印良品の“体験ルーム”。ベッドからソファ、テーブル、コーヒー、ティーカップ、歯ブラシ、シャンプー、リンス、タオルなど、店舗で見たことのある商品が揃い踏み。壁にはCDをむき出しでセットするCDプレイヤーも設置され、BGMも楽しめます。ドリップ式インスタントコーヒーやボトルウォーター、ボールペンまでMUJIだったのが少しウケました。……

 


 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2018年8月29日 ]

【第335回】 味とおもてなしが人気の秘訣
成都発の「雷門拉面(ラーメン)」が拡大中
成都発の「雷門拉面」。創業者の李翔氏が成都の九眼橋中海広場步行街に第1号店を2011年にオープン。現在、成都のほかに、杭州、深セン、西安、貴陽、佛山、広州、重慶、上海で27店舗を運営しています。この雷門拉面が、味とおもてなしサービスで、長らく日本のラーメンのシンボル的存在だった「味千ラーメン」の座を奪い取るかもしれません。……

 


 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2018年8月22日 ]

【第334回】 茶飲料の人気店は味もしっかり
話題の網紅店「喜茶」、初体験!
「喜茶」。この名前を聞いてピンと来る人は、どのくらいいるでしょう?これがどんな茶飲料で、最近中国でどんな状況になっているかまで答えられたら、相当“中国通”といえるでしょう。英語で「HEYTEA」と称される喜茶は、ネットなどの口コミで大人気の「網紅(ワンホン)」店を代表する超人気店。ある意味、網紅店というキーワードを広めた最初のお店ともいえます。……

 


 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2018年8月8日 ]

【第133回】 進化するビールの楽しみ方
中国でもクラフトビール人気が上昇中
夏と言えばビール。最近は、中国も輸入ビールや「クラフトビール」が流行りつつあるようです。世界各国からの輸入ビールを取り扱うお店のほか、自家製の各種生ビールをサーバーで提供するバーやレストランも増えつつあります。2016年には、ビール販売全体に占めるクラフトビールの割合は1%程度しかなかったようですが、毎年平均40%で成長すると見込まれています。……

 


 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2018年8月1日 ]

【第332回】 熾烈な競争のライドシェア業界
「滴滴」が改名通じてサービス拡充へ
ライドシェア最大手の「滴滴専車」が「礼橙専車」へと改名しました。今後、専用アプリをリリースして、障害者や乳幼児、盲導犬などの専用車、英語対応のホットライン、空気洗浄機やマッサージチェア付きの車も登場する予定だそうです。「美団打車」との競争のほか、巷では「神馬専車」というライドシェアも見かけるようになってきた中、熾烈なサービス向上合戦が繰り広げられそうな予感がします。……

 

    1 ページ 全 35 ページ (総数: 342)