中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから

全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー

 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2018年1月17日 ]

【第304回】 進化を遂げる中国物流業
中国宅配便市場は日本の10倍
圧倒的な数の取扱件数を背景に、世界中から最新技術とノウハウを取り入れようとする中国物流企業の貪欲さと、絶え間ない自助努力により、中国物流業は劇的に進歩しています。上海の自宅で、天猫や京東、1号店などでよくネットショッピングをしますが、いつも当たり前のように即日で届きます。またスマートフォン(スマホ)のアプリ上では、事細かく荷物の状況が確認でき、配送員の態度も丁寧で親近感すら湧くほどです。……

 


 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2018年1月10日 ]

【第303回】 内陸部が中国経済をけん引するか
2018年は「一帯一路」に注目
2018年は「一帯一路」に注目したいと思います。これまで香港や台湾の窓口として経済発展を遂げた深センと広州、そして日米の窓口となった上海。次は一帯一路の窓口となる西安、そして近くの重慶と成都が中国経済を引っ張るエンジンになるような気がします。……

 


 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2017年12月27日 ]

【第302回】 「消費昇級」のチャンスを見逃すな
中国の「今」を意識した戦略立案を
中国のキーワードの一つは「消費昇級(アップグレード)」です。この立ち上がり時期を「チャイナリスク」でみすみす見逃しているのが日本企業なのではないでしょうか。爆買いや越境ECでトレンドの一端を体感した企業もあるでしょうが、それは本当にたかが「氷山の一角」。本土にはそれを遥かに超える旺盛なニーズがうごめいており、無限大の可能性を秘めています。……

 


 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2017年12月20日 ]

【第301回】 出遅れ感もモール続々オープン
一躍脚光を浴びる西安の消費現場
消費では出遅れ感もある西安。ところが、昨年終わり頃、欧米系の高級ブランド企業に勤める台湾の友人から発せられた一言にハッとさせられました。「最近、西安がすごいことになっている」。モールの新規オープンが相次ぎ、彼女たちも17年に数店舗の出店を予定しているとのことでした。高級ブランドの中でも特に保守的な出店戦略を取る彼女たちがそこまで積極的に攻勢を仕掛けるのはなぜでしょうか。……

 


 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2017年12月13日 ]

【第300回】 本場で味わう上海蟹
上海蟹の本場「陽澄湖」で感じるコト消費
上海蟹といえば「陽澄湖」。湖内に浮かぶ「蓮花島」までには小型ボートで行くのが一般的で、あらかじめレストランを予約しておくと、波止場まで迎えに来てくれます。ちょっとしたクルージング気分も味わえます。昨今の中国のコト消費やレジャー需要の高まりを背景に、こうした休日の過ごし方を提案する場所も、今後ますます増えていきそうです。……

 


 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2017年12月6日 ]

【第299回】 本格的な施設、上質な雪は高評価
ハルビンの屋内スキー場体験談
ハルビンに登場した、敷地面積8万平米で世界最大規模を誇る屋内内スキー場「万達娯雪楽園(スキーパーク)」。モールと遊園地の間にそびえ立つ“ピアノ”のような巨大建築物には、遠目からも圧倒されます。最大高低差80メートル、最長滑走距離500メートルの本格的なコース設計で、スキー選手のトレーニング基地としても活用されているとのこと。早速、滑ってみました。……

 


 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2017年11月29日 ]

【第298回】 室内スキー場やテーマパークも登場
ハルビンのモール施設、冬場も人気?
ハルビンに6月末にオープンした「万達(ワンダ)文化旅遊城」。市中心部から東に約13km、車で30分程度の「松北新区」と呼ばれる新興都市区にあります。モールの横にあるのは巨大ピアノのような建造物。正体は世界最大規模を誇る室内スキー場です。ちょうど90年代に幕張にあった「ららぽーとスキードームSSAWS(ザウス)」を彷彿とさせます。……

 


 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2017年11月22日 ]

【第297回】 芸術家も魅了する寧夏
神秘とロマンを感じられる寧夏観光
日本人にとって馴染みの薄い「寧夏」ですが、中国人にとっては“神秘”的なイメージが強いようです。そうした神秘的な寧夏を象徴するのが「西夏王陵」。寧夏が最も栄華を極めた11~13世紀初に造られた王族の墓。首府・銀川の郊外にある賀蘭山のふもとに延々と広がる平地に、土で盛られた墳墓が点在しています。こうした大小の墳墓群が1972年に初めて発見されたそうで、まさに“神秘”的なイメージを持つのは納得できます。……

 


 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2017年11月15日 ]

【第296回】 天猫と京東に挑む老舗ネット企業
越境ECで存在感増す網易(NetEase)
越境EC分野のトップシェアは「網易考拉海購」というサイトでした。無料メールサービスの「163.com」では有名な「網易(NetEase)」ですが、最近はほとんど耳にしてこなかったポータルサイト。その網易がいかにして天猫や京東(JD.com)の牙城を切り崩したのでしょうか。……

 


 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2017年11月8日 ]

【第295回】 GDPだけでは測れない消費水準
寧夏・銀川の新商圏、レベルは想像以上
寧夏回族自治区の首府・銀川の消費現場を見て、改めて人口やGDPのみでは消費レベルを見下してはいけないと考えさせられました。人口200万強でGDPも主要都市別で「中の上」レベル。しかし、1人当たりGDPは意外と高く、平均可処分所得3万元強は、5万元超の上海や杭州とは比べ物になりませんが、3.5万元の成都とほぼ同等です。一帯一路政策を起爆剤として、中国の西北地区にも銀川規模の都市が今後多く誕生するのではと想像しました。……

 

    1 ページ 全 31 ページ (総数: 305)