中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー  メルマガ登録バナー
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー

 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2020年8月7日 ]

【業界研究】中国越境EC業界 (7)
地方都市で急成長 中国越境ECの今後の動向
中国越境EC業界の今後のトレンドとして次の3つが挙げられる。つまり、地方都市への拡大、オフラインでの展開、そして商品の多元化だ。中国政府による政策支援も、越境EC市場の発展を大きく後押ししている......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2020年8月6日 ]

【業界研究】中国越境EC業界 (6)
越境ECでも主力消費層に 「80後」&「90後」世代
2018年の中国越境ECユーザーの主体は25~35歳の若年層で、全体の56.3%を占めたもよう。19~24歳のユーザーは全体の20.2%。36~40歳は17.8%だった。18歳以下及び41歳以上は全体の5.7%にとどまった。中国消費は「80後(1980年代生まれ)」と「90後(1990年代生まれ)」世代の若者が主力になっている。彼らの多くが高学歴で安定した収入を得ていることから、高い消費力と多様化したニーズを併せ持っている......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2020年8月4日 ]

【業界研究】中国越境EC業界 (5)
アリババが網易コアラ買収 その目的とは?
2019年9月6日、アリババが20億米ドルでネットイースコアラ(網易考拉)を買収したという業界を揺るがす大ニュースが駆け巡った。この買収により、アリババグループは中国越境EC市場の50%以上を独占することとなった......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2020年8月3日 ]

【業界研究】中国越境EC業界 (4)
新しい売り方で人気に ソーシャルEC「小紅書」
元はインスタグラムに似たSNSアプリだったが、現在は商品の購入もできるソーシャルC2C・B2C型アプリとして機能している。UGC(ユーザー生成コンテンツ)型モデルを採用。海外での消費体験をシェアすることで、同じ消費嗜好の人々が集まるコミュニティが形成される......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2020年8月3日 ]

【業界研究】中国越境EC業界 (3)
越境ECの市場シェア 網易コアラと天猫が2強
現在、多数存在する越境ECプラットフォームだが、その規模ごとに大きく3つに分類することができる。最上段はネットイースコアラ(網易考拉)、天猫国際、京東海囤全球などのトッププラットフォーム。規模が大きく、トラフィックも多く、出店ブランド数も多い......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2020年7月31日 ]

【業界研究】中国越境EC業界 (2)
3つの主要モデルとは?
中国の越境ECプラットフォームには大きく分けて「海外直送」、「セレクトショップ」、「グローバルバイヤー」の3つのモデルが存在する。輸入越境ECの物流は海外直送、保税輸入、そして海外混載輸送の3つの方式がある......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2020年7月30日 ]

【業界研究】中国越境EC業界 (1)
中国全土に広がる越境EC市場
2013年以降、中国の越境EC市場の規模は急拡大を続けて来た。電子商務研究中心が公表した「2018年度中国輸入越境EC発展報告」によると、2018年にB2B、B2C、C2C、O2Oなどの形式で行われた越境取引の規模は、前年比26.7%増の総額1兆9,000億元に達したという......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2020年6月1日 ]

【業界研究】中国スーパー業界 (7)
中国スーパー業の今後は? 無店舗の「前置倉庫」が主流に?
オンラインとオフラインを融合させた「新小売」型への業態転換は避けられないのが大きな流れだ。Eコマースは実店舗に大きな打撃をもたらしたと同時に、新たな方向性と変化の流れを生み出したともいえる。「新小売」は全てのスーパーにとって必達の発展目標といえる。業態別でみると、居住エリア隣接型の生鮮食品店や「前置倉庫」モデルが人気を集めている......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2020年5月29日 ]

【業界研究】中国スーパー業界 (6)
盒馬の成功で急増 「スーパー+飲食」モデル
デジタル化のほかにも、新たな業態を模索するスーパーは多い。アリババ系生鮮スーパーの「盒馬鮮生」が大成功を納めた後、店舗を倉庫として兼用する「新小売」型のネットスーパーと「スーパー+レストラン」のグローサラント業態が高い注目を集め、真似する店も相次いだ......

 


 

チャイナ・マーケット・インサイト [ 2020年5月28日 ]

【業界研究】中国スーパー業界 (5)
スーパーは宅配がマストに 宅配アプリへの出店でEC化
豊富なトラフィック(アクセス)で優位に立つ3PL(第三者物流)系の宅配プラットフォームに出店し、オンラインで注文を受けて配送を行うシステムは、すでに多くのスーパーにとって欠かすことのできない運営手法となっている。こうしたプラットフォームに出店すれば、アプリから注文した消費者の現在地情報に基づいて、システムが自動的に配送範囲内の店舗を選出......

 

    1 ページ 全 40 ページ (総数: 393)