中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー  メルマガ登録バナー
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー

 

中国ビジネス最前線 [ 2021年11月30日 ]

中国生鮮EC(ネットスーパー)業界調査レポート(13)
注目ネットスーパー③叮咚買菜(ディンドン) 店舗なしの前置倉庫で急成長
叮咚買菜(ディンドン)は生鮮EC業界で発展の最も目覚ましい企業といえる。運営は2017年5月に開始したばかりだ。2020年末時点で,北京、上海、寧波、嘉興、無錫、深圳、武漢、南京、広州、東莞、蘇州など27の一線・二線都市でサービスを提供している。前置倉庫の数は約900箇所、1日の受注件数は90万件以上、月次の売上は15億元を超えている......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2021年11月29日 ]

中国生鮮EC(ネットスーパー)業界調査レポート(12)
産地から直接買い付け 世界30カ国にバイヤー配置
毎日優鮮は産地での直接買い付けを基本とし、サプライヤーの選抜には厳格なルールと評価システムを設けている。中国ネット調査会社の艾瑞数据(iResearch)の統計によると、毎日優鮮は世界30カ国及び地域に300名以上の専門バイヤーを置き、野菜の50%、肉類70%、フルーツ90%を産地から直接買い付けているという......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2021年11月29日 ]

中国生鮮EC(ネットスーパー)業界調査レポート(11)
注目ネットスーパー②毎日優鮮(MissFresh) 中国生鮮ECの“草分け”的存在
2014年設立の毎日優鮮(MissFresh)は、前置倉庫モデルの先駆け的存在といえる。「都市仕分けセンター+前置倉庫」モデルにより、全国20以上の主要都市でコールドチェーン物流システムを構築。1,700を超える前置倉庫から、注文後最短30分での商品配達を実現している......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2021年11月26日 ]

中国生鮮EC(ネットスーパー)業界調査レポート(10)
天猫旗艦店、共同購入に参入 「下沈」市場開拓を虎視眈々
2020年の新型コロナウイルス流行期には、店舗の運営も大きな制約を受けた。この苦境を乗り切るために、盒馬は社区・社群コミュニティ共同購入型モデルを導入。同年9月に社区・社群コミュニティ共同購入プロジェクト「盒馬優選」の運営をスタートした......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2021年11月26日 ]

中国生鮮EC(ネットスーパー)業界調査レポート(9)
PBブランド品拡充に注力 今後5年で50%がPBに
盒馬の特徴として、出店スピードだけでなく、新商品の開発においてもその速さが際立っている。2020年には2万件を超える新製品を発売。そのうち6,000件は、盒馬の自社ブランド商品だった。注目に値するのは、2020年末時点の自社(PB)ブランド商品の割合が、前年比倍増で20%前後に達している点だろう......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2021年11月25日 ]

中国生鮮EC(ネットスーパー)業界調査レポート(8)
盒馬鮮生(フーマーフレッシュ) 中国生鮮ECの代表、多業態で市場を席巻
ネットとリアルを融合した「新小売」(ニューリテール)型生鮮EC(ネットスーパー)の代表的存在といえる盒馬鮮生(フーマー)は、現在中国全土に230店舗以上で展開。標準スーパー業態の「盒馬鮮生」のほか、社区(居住コミュニティ)隣接型の小規模店「盒馬mini」、農産物市場に近い形態の「盒馬菜市」、オフィスビルをターゲットにしたコンビニ業態「盒馬F2」、朝食や調理済み食品が中心の「盒小馬」、会員倉庫型の大規模店舗「盒馬X会員店」、さらにはベーカリーとドリンク中心の「盒馬烘焙」、ショッピングモール「盒馬里」と多種多様な業態で運営している......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2021年11月25日 ]

中国生鮮EC(ネットスーパー)業界調査レポート(7)
主な生鮮ECプラットフォーム 名実ともに盒馬(フーマ−)が他を圧倒
アプリ別で見ると、自営型生鮮ECアプリのトップは盒馬で、月次アクティブユーザー数(四半期平均値)1,531.9万人とダントツ。毎日優鮮が809.3万人、叮咚買菜が554.1万人、永輝生活が410.2万人と続き、この4社が業界をリードしている......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2021年11月23日 ]

中国生鮮EC(ネットスーパー)業界調査レポート(6)
注目ネットスーパー・モデル③ 社区・社群コミュニティ共同購入型
社区・社群共同購入は「予約販売+共同購入」が基本となっている。まず「団長」と称される共同購入のまとめ役(リーダー)が、微信のチャットグループ内で共同購入の参加者を募集する。知人間のネットワークを利用しているため、顧客獲得コストがかからないのが強みといえる......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2021年11月22日 ]

中国生鮮EC(ネットスーパー)業界調査レポート(5)
注目ネットスーパー・モデル② 宅配プラットフォーム型
宅配プラットフォーム型は、フードデリバリーなど宅配専門プラットフォームに商品の配達を依頼するパターンだ。消費者が京東到家や美団外売、餓了麼などのプラットフォーム上で注文すると、配達スタッフが付近の店舗で商品をピックアップして宅配してくれる仕組み......

 


 

中国ビジネス最前線 [ 2021年11月22日 ]

中国生鮮EC(ネットスーパー)業界調査レポート(4)
注目ネットスーパー・モデル① 前置倉庫型
「前置倉庫」とは、消費者の居住地から周囲1~3キロメートル程度の場所に、数多く設置した小規模の倉庫・配送センターのこと。コンビニやミニスーパーとして運営するケースもあるが、多くは店舗としての運営はないパターンだ......

 

    1 ページ 全 23 ページ (総数: 224)