中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから

全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー

 

トレンドウオッチ [ 2017年11月27日 ]

シェアエコノミーの新業態「ミニKTV(カラオケボックス)」(5)
新たなシェアエコノミーの新鋭としてベンチャー投資が活発に
ofoやモバイク(mobike)がシェア自転車の人気に火を付けた後、カーシェアリングやモバイルバッテリーなどシェアエコノミーの派生商品が次々と生まれている。 今回のミニカラオケボックスも、このシェアエコノミーのニュートレンドと言えるだろう。咪噠miniKや友唱M-Barは、ミニカラオケボックス業界のofoやモバイク的存在であり、市場の先駆者だ。どちらも数千万元レベルの高額融資を獲得し、市場シェアでも他のブランドに差をつけている......

 


 

トレンドウオッチ [ 2017年11月24日 ]

シェアエコノミーの新業態「ミニKTV(カラオケボックス)」(4)
フランチャイズ方式で市場シェアを急拡大
ミニカラオケボックスは、一般に「直営+フランチャイズ」のモデルを採用している。ボックス設備の販売価格は、2〜3万元/台が相場。フランチャイズの場合、製造元は機械を代理店に販売した後は、メンテナンスとアップグレードを担当するのみ。それ以外のコミッション等は徴収せず、運営は全て代理店の責任となる......

 


 

トレンドウオッチ [ 2017年11月23日 ]

シェアエコノミーの新業態「ミニKTV(カラオケボックス)」(3)
拡大するミニカラオケボックスの市場規模
中国のモバイル及びネット専門の調査会社である艾媒諮詢(iiMedia Research)のデータによると、16年の中国ミニカラオケボックスの市場規模はすでに16億元超、17年には92.7%増の31.8億元、18年にはさらに120.4%増の70.1億元に達すると見込んでいる。 17年第1四半期における中国ミニカラオケボックスの影響力ランキングのうち、1位から5位を占めたのは、「友唱M-Bar」、「咪噠miniK」、「雷石WOW屋」、「愛唱love singing」、「聆噠」の5社......

 


 

トレンドウオッチ [ 2017年11月21日 ]

シェアエコノミーの新業態「ミニKTV(カラオケボックス)」(2)
こま切れの空き時間つぶしのニーズに応え急発展
従来型のカラオケ店が友人との集まりや接待など社交的側面が強いことと比べると、そのニーズとは全く異なる。例えば、映画が始まる前に30分ほどの空き時間ができたり、人気レストランで20分ほど待たなければならないことがある。ショッピングで歩き疲れ、ちょっと足を休めたいこともあるだろう......

 


 

トレンドウオッチ [ 2017年11月20日 ]

シェアエコノミーの新業態「ミニKTV(カラオケボックス)」(1)
こま切れの空き時間つぶしで人気沸騰
スマートフォン(スマホ)決済の普及に伴い、駅やモールなど空きスペースを活用したビジネスが活発だ。自動販売機、クレーンゲーム機、カプセルトイなど日本でもお馴染みの機器から、モバイル電池レンタルやマッサージチェアーなどが設置されていることも。 そうした中、最近特によく見かけるのが、公衆電話ボックスならぬ「ミニKTV(カラオケボックス)」だ......

 


 

トレンドウオッチ [ 2017年9月8日 ]

シェア自転車に続く都市のニューフェイス「カーシェアリング」(8)
課題は多いが、未知数の潜在性を秘めたカーシェアリング市場
駐車スペースを見つけることが難しく、コストも上がる一方であることは、中国一線級都市のマイカー所有者にとって大きな問題となっている。2016年末時点、中国一線級都市の駐車場不足は5564万台と非常に深刻だ。 車を購入するコストやメンテナンスの費用も上昇を続けている。また一線・二線級都市では交通規制により、ナンバープレートを取得することも益々困難になっている。人々のカーシェアリングに対するニーズは今後も高まっていくだろう......

 


 

トレンドウオッチ [ 2017年9月7日 ]

シェア自転車に続く都市のニューフェイス「カーシェアリング」(7)
主な利用者は男性層、満足度も改善待ち
現在、カーシェアリングの主な利用者は20~40代の男性だ。戦略コンサルの邁哲華(Martec)が発表したレポート「カーシェアリング企業分析及び主要運営商ランキング」によると、現在カーシェアリングの利用者の86%が男性という。26~33歳が特に多く、全体の42%を占め、次いで多いのが34~41歳で25%となっている......

 


 

トレンドウオッチ [ 2017年9月5日 ]

シェア自転車に続く都市のニューフェイス「カーシェアリング」(6)
カーシェアリングがシェア自転車のように急成長しない要因とは
国の政策による手厚いサポートを受けているカーシェアリングだが、シェア自転車とは異なり、参入障壁が高く、企業は市場規模により車両、ナンバープレート、駐車場など各要素で影響を被りやすい。実際、発展過程において様々な障害に直面しており、地方政府の積極的サポートが不可欠だ。まず、カーシェアリングは非常にコストが高い......

 


 

トレンドウオッチ [ 2017年9月4日 ]

シェア自転車に続く都市のニューフェイス「カーシェアリング」(5)
政府自ら新エネルギー自動車及びシェアエコノミーの発展を推進
16年12月には国家戦略性新興産業の「十三五(第十三次五ヶ年)」計画が公布され、2020年までに中国における新エネルギー自動車の販売台数200万台を目指すことが示された。このように政府が本腰を入れる新エネルギー政策を背景に、自動車メーカー各社が新エネルギー自動車の販売を促進するため、一定の台数を販売(流す)ことができるシェアリングプラットフォームを今後も積極的に普及させるであろうことが予想される......

 


 

トレンドウオッチ [ 2017年9月1日 ]

シェア自転車に続く都市のニューフェイス「カーシェアリング」(4)
競争の激化、EVCARDと盼達が市場をリード (2)
Car2Shareは同じくダイムラーグループに属し、「smart」を使用。現在北京、上海、深圳、成都、広州、杭州に60強のステーションを持つ。17年はさらに全国に500のステーションを増設、3,000台のsmartも追加投入の予定だ。さらに4人乗りのSmart for fourも投入する計画という......

 

    1 ページ 全 15 ページ (総数: 143)