中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから

全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー

 

マーケティング戦略分析 [ 2018年6月25日 ]

政策緩和と投資増で沸く中国中古(二手)車市場(7)
中国中古車市場の今後の発展トレンド
スマホやアプリを介した各種ビジネスが普及するに伴い、中古車市場にも目が向けられるようになった。ECプラットフォーム社の数が一気に増え、各社が大量に展開する広告宣伝により、消費者にも安心感が芽生え始めた。まさに中国中古車市場誕生の“産声”が聞こえてきたのだ......

 


 

マーケティング戦略分析 [ 2018年6月22日 ]

政策緩和と投資増で沸く中国中古(二手)車市場(6)
若年男性層、中東部の二・三線級都市層が主要ユーザー
中古車ECスマホアプリの運営データを見ると、中古車アプリの主要ユーザーは男性がメインで81.6%に達し、女性は18.4%に過ぎない。年齢では25~50歳に集中し、なかでも25~34歳が半数近くを占めている。ネットでの車購入は若者が中心であることがわかる......

 


 

マーケティング戦略分析 [ 2018年6月21日 ]

政策緩和と投資増で沸く中国中古(二手)車市場(5)
大手3社による強気なマーケティング手法
2015年以降、中古車ECプラットフォーム各社は、大量の広告投入を開始した。優信、人人車、瓜子の広告マーケティングへの熱意は、それぞれ甲乙つけ難い。ある報道によると、17年、瓜子と優信の広告への投資額はいずれも10億元を超えたという。人人車も配車アプリ大手の「滴滴出行」から出資を受けた後、8億元の広告投資を宣言した......

 


 

マーケティング戦略分析 [ 2018年6月19日 ]

政策緩和と投資増で沸く中国中古(二手)車市場(4)
各社異なるビジネスモデル、サービス、収益モデル
各社のビジネスモデルは、瓜子と人人車がC2C、優信がB2Cに分類される。瓜子は、取引時の金融サービスの利用率が高いことと、新車販売専門の「毛豆」と相互補完の関係にあること。人人車は、自営のオフライン直営店で提供するアフターサービスの質とともに、口コミ評価が高い点 ......

 


 

マーケティング戦略分析 [ 2018年6月18日 ]

政策緩和と投資増で沸く中国中古(二手)車市場(3)
大手プラットフォーム3社による市場支配
現在、中国の中古車ECプラットフォーム市場は、C2Cモデルの「人人車」と「瓜子」、B2Cモデルの「優信」の3社が、圧倒的な勢いを見せている。同 3社の2017年の広告予算は、いずれも8億元以上で、消費者の認知度も高くなっている......

 


 

マーケティング戦略分析 [ 2018年6月15日 ]

政策緩和と投資増で沸く中国中古(二手)車市場(2)
中古車プラットフォームの運営モデル
中古車プラットフォームの運営モデルは、実際の取引にかかわるか否かで、情報サービスと取引サービスに分類できる 。情報サービスを主体とするプラットフォームは、主に売買双方の情報提供と検索サービスを提供するのみで、実際の取引には関与しない......

 


 

マーケティング戦略分析 [ 2018年6月14日 ]

政策緩和と投資増で沸く中国中古(二手)車市場(1)
中古車販売大手3社「優信」、「瓜子」、「人人車」の広告合戦が激化
中国汽車工業協会(中汽協)が発表した17年の中国新車販売台数は、前年比3%増の2887万9000台と過去最高を更新、9年連続で世界一の自動車市場となった。しかし、小型車減税が縮小された影響からか、伸び率は11年以来6年ぶりの低水準だった。これに反して、中古車の販売状況は好調だった。中国汽車流通協会の統計によると、17年に取引された中古車は1240.09万台で、前年比19.33%の成長。売上も8092.72億元に達した......

 


 

マーケティング戦略分析 [ 2018年2月16日 ]

チャネルの優位性と強気のマーケティングでOPPOが市場を牽引(5)
若者向け、ファッショナブルというポジショニングにより一線級都市へ逆進出
OPPOの製品は当初、三線・四線級都市でのみ人気を得ていたが、若者向けのファッショナブルなポジショニングが消費者に浸透するにつれ、一線・二線級都市での人気も高まっている。16年の国慶節期間中に、上海の黄浦江沿い、広州のテレビ塔、北京王府井で屋外大型イルミネーション広告が流された。 オフラインの流通チャネル網では、中国移動(チャイナ・モバイル)と中国聯通(チャイナ・ユニコム)など通信キャリア各社の営業店に進出......

 


 

マーケティング戦略分析 [ 2018年2月12日 ]

チャネルの優位性と強気のマーケティングでOPPOが市場を牽引(4)
人気芸能タレントを起用、大量一括投入の広告攻勢
OPPOが特に力を入れているのが広告・宣伝だ。同社のブランド戦略は、主に人気芸能タレントを起用して展開。 楊幂、李易峰、鹿晗、楊洋、TFBoys、迪麗熱巴から陳偉霆まで、その選択基準は当代一の人気スターであること。いずれも若者に人気のアイドルばかりだ。「R11」ではより大胆に8名のタレントが同時起用された......

 


 

マーケティング戦略分析 [ 2018年2月8日 ]

チャネルの優位性と強気のマーケティングでOPPOが市場を牽引(3)
消費者のニーズを熟知し、人気商品を創出
OPPOはスマホ市場に参入した当初、技術面やリソースでの制約から、多品種の開発及び生産ができなかった。そこで、主力モデル1種のみに全社のリソースを集中して投入。製品のテーマから販売店での陳列方法、価格設定、プロモーション方法に至るまで、そのわずか1種の主力モデルで、ライバルメーカーとの差を強調した......

 

    1 ページ 全 34 ページ (総数: 333)