中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー  メルマガ登録バナー
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー


エコ意識が高まる中国の新エネ車事情(1)
大気汚染と優遇政策がEV市場を後押し
2014年12月11日

 目の前をスタイリッシュな車がすっ飛ばして行き、通行人の注目が集まる。ドライバーは40歳前後の男性で、シンプルなファッションからは洗練された印象を受ける。ここまでは現在の中国ではよく見られる光景だが、車の前方に目をやると一味違うことに気づく。大型液晶パネルを備えた独特のダッシュボードが近未来感とスマート感を醸し出す。そう、高級スポーツ電気自動車(EV)を投入する米テスラである。

__________________.jpg
中国ではテスラを見かける機会も多い

 上海の街中でもテスラの車を見かけることがよくある。テスラは2013年に北京にショールームを開設して予約を開始し、14年に正式販売と相成った。二酸化炭素(CO2)の削減というエコ重視のコンセプトやクールなデザインは、「土豪(成金)」や「新富裕層」の注目を一身に浴びている。中国市場での14年販売台数は5000台を超え、世界販売の約3分の1を占める見通しという。

エントリーモデルは64.6万元、付属品などのオプションをつけると最終的に80万元以上になる。他ブランドの高級車と比べるとそれほど高くはないが、一般市民の手が届く価格でもない。14年4月に納入を開始した「MODEL S」は、まずは新浪網(SINA)の曹国偉CEOや自動車情報サイト「汽車之家」の李想総裁などのIT及びインターネットのトップに引き渡された。もちろん、「若手土豪」にとっても新鮮な“おもちゃ”である。ぜいたく禁止令の下、中国の富裕層はどのように富を誇示するべきかを模索しているが、スタイリッシュでエコを重視した輸入EVであるテスラがその一つの答えになりつつあるようだ。CO2削減というコンセプトに惹かれて購入した者ばかりではないが、その話題性は市民のEVに対する関心を高めるのに一役買った。(続)

Copyright (C) CAST Consulting Co., Ltd. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
本資料に関する著作権は弊社又は弊社に所属する作成者に属するものであり、本資料の無断引用、無断変更、転写又は複写は固くお断りいたします。

このページをA4版で印刷する
 前のページに戻る