中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー  メルマガ登録バナー
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー


北欧色溢れる「武漢IKEAモール(薈聚・LIVAT)」(1)
15年の武漢の目玉、郊外型モールの新トレンド
2016年1月22日
IMG_5203_S.jpg
モノレール1号線「竹叶海駅」から歩道橋で連結
 2015年の武漢における最大の関心事は、IKEAモール「薈聚」(以下、LIVAT)のオープンだろう。無錫、北京に続いて中国国内3店目、世界では59店目の出店となる。総面積30万平米(うち商業面積17.2万平米)で中国国内最大規模の面積を誇るショッピングモールが、武漢漢口区三環近くの郊外に開業した。家具量販店のIKEAを筆頭に、国内外400以上のブランドが出店する同モールに、15年4月30日のオープンからわずか4日間で50万以上の客が訪れた。

 「IKEAがショッピングモールをオープンする?」―多くの人がこのニュースに驚愕したことだろう。LIVATの開発及び運営母体は、IKEAグループ傘下の「宜家購物中心集団(Inter IKEA Centres Group, 以下IICG)」。世界中でショッピングモール経営事業に乗り出しているが、中国でのIKEA人気の高さに乗じたIICGは、100億元以上を投資し、中国国内3箇所にLIVATを開業。今後2年以内に、少なくともあと5~6店舗オープンする予定という。一体、この北欧風ショッピングモールのどこがそれほど人気なのだろうか。今回、我々は、実際に武漢のLIVAT店舗に赴き、あらゆる角度からその秘密を分析することにした。

基本情報
 ディベロッパー  英特IKEAショッピングモールグループ (Inter IKEA Centres Group)
 開業日  2015年4月30日
 面積  総面積30万平米、商業面積17.2万平米
 フロアガイド 1階:IKEA/室内駐車場/スケートリンク/子供向け遊戯施設
2階:IKEA/アパレル・生活雑貨
3階:IKEA/アパレル・生活雑貨/子供向け遊戯施設
4階:レストラン/家電/映画館
※ 物販テナント以外の比率は約40%。そのうち飲食施設が25%、子供向けを含むレジャー施設は5~7%。将来的には、物販テナント以外の比率を50%以上に増やす予定。歯科医院や英会話学校などのサービス系テナントも適宜設置予定。
 主力店舗  IKEA、欧尚超市(Auchan/オーシャン)、迪卡儂(Decathlon /デカトロン)、蘇寧電器、金逸影城(映画館)
 アクセス 硚口区長宜路
路線バス:546、560、621、736、737、741、722番の「硚口区工農路老年公寓駅」から徒歩10分。
モノレール:1号線「竹叶海駅」から歩道橋でIKEAに連結。徒歩10分。
車:屋外3箇所、屋内1箇所の駐車場設置。収容数4700台

Copyright (C) CAST Consulting Co., Ltd. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 
本資料に関する著作権は弊社又は弊社に所属する作成者に属するものであり、本資料の無断引用、無断変更、転写又は複写は固くお断りいたします。
このページをA4版で印刷する
 前のページに戻る