中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー


中国世代論「50・60・70・80・90・00後」徹底分析 (9)
QQと二次元人気の00後
2017年12月26日

【00後】
QQと二次元人気の00後

  零点調査の「中国00後世代研究」によると、00後がインターネットに初めて触れる年齢は非常に低く、平均6.5歳という結果が出ている。1日のインターネット利用時間は平均1.6時間あまり。ネット利用の主な目的は娯楽・レジャーで、なかでもアニメ視聴の割合が最も高い(73.7%)。これに続くのがゲーム(60.8%)と音楽(56%)だ。(図9: 各種インターネットアプリの00後への普及率 )

 graph_9.jpg

 驚くのはネットゲームと音楽アプリの小学生への普及率が、ネットユーザー全体よりも高いことだ。(図10:娯楽系インターネットアプリの小学生への普及率)
 graph-10_1.jpg

  成長期の真っただ中にいる00後は好奇心が旺盛で、ハイテク関連情報やゴシップを好む。読書や、SNS、モバイルゲーム等のアプリの他、学生である彼らは教育関連のアプリも多く利用する。00後はスターの追っかけも積極的で、51%が微博(ウェイボ)でスター関連の話題について意見を投稿した経験を有する。

  騰訊(テンセント)ビッグデータの統計によると、起きている時間を16時間として計算した場合、00後は平均40分に1回SNSアプリを開き、毎回の操作時間は平均2分という。

  極めてSNSへの依存度が高い彼らが最も愛用するSNSアプリは、QQとQQ空間。8.29億人のQQアクティブユーザーのうち、90後と00後が全体の50.3%を占めている。

  QQをカスタマイズするためのQQ秀、QQペット等は00後が自己表現をする格好の機能といえる。QQのトラフィックにより、動画や音楽等の領域でも膨大な数の00後ユーザーが騰訊傘下の製品を使用している。(図11:00後の各種アプリ使用状況)
 graph_11.jpg

  写真加工アプリ「美図」が公表したデータによると、00後はQQを初めて使用した年齢が非常に低く、44.8%が小学校1~2年と回答している。微信とQQのどちらをより好むかは、それぞれ27.4%と72.6%。その差は明らかだ。

  95後同様、00後もバレッジ文化の崇拝者だ。動画共有サイト「bilibili」の統計によると、1億人のbilibiliアクティブユーザーのうち、25歳以上は10%にも満たず、9割以上が90後、95後、そして00後のユーザーだ。

  二次元文化の影響を大きく受ける00後にとって、漫画は生活に欠かせないものであり、漫画アプリの使用頻度や利用時間も多い。国産の青春漫画は00後に最も人気のジャンルだ。00後は「萌え」文化の中心層でもあり、ニックネームやアイコンも萌えっぽいものを好む。絵文字を多用するのも特徴で、00後の絵文字利用回数は90後の55%を上回り、80後の3倍に及ぶ。

  もう一つ、00後の特徴で面白いのはオンラインゲーム文化だろう。競技性の高い戦闘ゲームの人気が高く、なかでも人気は「王者栄耀」。オンラインゲームは、彼らにとって社交面でも大きな影響力を持ち、これで遊ばないと友達の話題の輪に入ることができないほどだ。

  騰訊(テンセント)アクセス指数プラットフォームのデータによると、最近半年間に「王者栄耀」をダウンロードしたユーザーのうち、12歳以下が4.78%、12~17歳は18.53%に達しているもよう。つまり「王者栄耀」の00後ユーザー数が全体の20%を超えていることになる。チームを組んで参加する「競争PK」も人気が高く、もしPKの勝者になれば、仲間うちで人気者になれるのも、00後を熱狂させる理由になっているようだ。

Copyright (C) CAST Consulting Co., Ltd. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
本資料に関する著作権は弊社又は弊社に所属する作成者に属するものであり、本資料の無断引用、無断変更、転写又は複写は固くお断りいたします。

 

このページをA4版で印刷する
 前のページに戻る