中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから

全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー


商業化が進む中国eスポーツ産業が急成長 (5)
人気ゲームを続々と排出した騰訊が業界をリード
2018年10月30日

人気ゲームを続々と排出した騰訊が業界をリード
人気イベントのスポンサー料も高額化

 netease_1.jpg
網易遊戯(ネットイース・ゲーム)はeスポーツ業界のトップ企業の一つ
  eスポーツへの関与は、政府ばかりではない。ネット業界の大手各社も、eスポーツ業界の発展に積極寄与している。

  巨人網絡(ジャイアント・インタラクティブ)は、アリババ傘下の「阿里体育(Alisports)」と提携。17年には、その中心的競技イベントとなったモバイルゲーム「球球大作戦(Battle of Balls)」のプロリーグ「BPL」の存在感を、大幅にアップグレードした。

  レジャー競技をテーマとするモバイルゲームの新モデルを構築。数多くの日用品メーカーがスポンサーに名を連ね、4億人のプレイヤー数と3億回以上のリーグ視聴回数を実現した。

  英雄互娯(ヒーロー・エンターテインメント)も、自社開発と代理による多くのモバイルゲームで、「HPL(英雄リーグ)」を新設。設立して3年が経った今、4億人超のユーザーを蓄積している。

  17年には香港でアートを前面に出して人気の商業施設「K11」と戦略提携契約を締結。オフラインのeスポーツスタジアムや、eスポーツをテーマにしたレストランなどを共同でオープンするなど、eスポーツと他業界との融合を目指している。

  網易遊戯(ネットイース・ゲーム)は、18年に10億元を投入して、eスポーツ娯楽システムを構築。比較的ハードルの低いベーシック競技のイベントを通して、より多くの人々に参加を促し、ユーザー層の拡大に努めている。 また選手やクラブに対するサポートを強化、全国38都市にオフラインの会場を設置した。

  トップ企業の中でも、特に注目に値するのは騰訊(テンセント)のeスポーツ事業部門である「騰訊電競(テンセント・eスポーツ)」だ。

  国内外の優れた競技型ゲームの開発企業に出資または提携することで、eスポーツコンテンツのIP(知的財産、ここではゲームの版権を指す)元を掌握。「英雄聯盟」の開発元であるRiot Gamesや「皇室戦争」の開発元であるSupercellなどに出資している。

  一方で、人的及び物的リソースを大規模に投入し、各地で一般イベントを開催。また、それら全過程を実況中継するなど、競技イベントの体系化を図った。「英雄聯盟」の都市別英雄争覇賽(大会)、LDL(LOL Development League)、LPL、「穿越火線」の百城(百都市)聯賽、CFDL、CFPLなどはその一例だ。

  現在、テンセントは11の大型eスポーツ競技イベントを主催、一般レベルのイベント数は230都市で、2万941回に達している。過去数年間にテンセントが出品した「英雄聯盟」や「王者栄耀」は、eスポーツ人気の立役者といっても過言ではない。

  「英雄聯盟」のプロリーグ「LPL」と「王者栄耀」のプロリーグ「KPL」の競技イベントのライセンス料は、すでに億元単位での取引となっている。

  LPLの2017年の年間を通した実況放送の視聴者数は延べ100億人を突破、KPLもオフィシャル実況放送とイベントの視聴回数が90億回を超えた。 スポンサーにはベンツや国産スマホ端末のvivo、ロレアル、マクドナルド、浦東発展銀行クレジットカードなど、メジャー級のブランドが続々参入している。

  一方KPLのほうも、18年に最も高額となった単独スポンサー料が、5800万元に達している。これは一流のスポーツイベントに勝るとも劣らない規模だ。

  17年、騰訊電競が主催する競技イベントのスポンサー規模は前年比197%増、提携企業数も171%増となっている。

  最近、騰訊電競は「五ヶ年計画」を発表。1000億元規模の予算を投入して、eスポーツ産業を興すプランを打ち立てた。

  17年、騰訊(テンセント)は北京に初のeスポーツ産業センターを設立。今後、全国10箇所以上に同じような産業センターを建設していく計画だ。
同時にeスポーツ業界のリーディングカンパニーとして、絶大な指導力も発揮、数々の業界ルールや基準を制定・公布している。

  さらに、eスポーツが「深圳市2018年重点支持体育項目目録」に名を連ねるのにも尽力。9つの有名大学や教育機関と提携し、55科目のeスポーツ課程の設置に協力した。

  一方で、産業(サプライ)チェーンの川上から川下企業へも積極的に投資や支援しながら、業界の整備に努めている。

  最近では、実況プラットフォーム大手2社の「闘魚」と「虎牙」に数十億元レベルで投資、さらにVSPNへの投資ファンド組成も主導した。ジャカルタ・ アジア大会のデモンストレーション競技種目においても、テンセントのゲームが3席を占めている。

  中国eスポーツ業界のリーダーとして、テンセントの地位は当分揺るぎそうにない。

Copyright (C) CAST Consulting Co., Ltd. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
本資料に関する著作権は弊社又は弊社に所属する作成者に属するものであり、本資料の無断引用、無断変更、転写又は複写は固くお断りいたします 

 

このページをA4版で印刷する
 前のページに戻る