中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから

全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー


消費者研究 [ 2018年1月12日 ]

中国世代論「50・60・70・80・90・00後」徹底分析 (15)
【老後と介護観】「養児防老」の時代は終焉、50後、60後は多元的な老後ライフを選択
上海市が公表した老後に関する調査では、50歳以上の7割近くが「養児防老」の概念は時代遅れだという意見に、「非常に同意」又は「やや同意」と回答している。老後を子供に頼らず過ごしたいという考えは、上海の高齢者の多くに浸透し 、そう考える高齢者は現在も増え続けている。 50後と60後はそれまでの高齢者と異なり、社会への参加意識が高く、退職後も社会との関係を絶つことなく、国内問題や国際情勢にも関心を持ち続けている。学習意欲も強く、時間と精力を学びに費やしたいと考える人も多い......

 

中国ビジネス最前線 [ 2018年1月19日 ]

網易考拉海購(Kaola.com)が中国越境ECのトップに (1)
「正規品・低価格・サービス・斬新さ」で人気爆発
今や中国に数多く存在する各種越境ECプラットフォームのうち、売上やユーザー評価が最も高いのはどれだろうか。その答えは意外なことに、中国EC業界をリードするアリババ系の天猫(Tモール)や淘宝(タオバオ)、さらには京東(JD.com)でもない。それは、15年に設立されたばかりの「網易考拉海購(Kaola.com)」だ......

 


中国ビジネス最前線 [ 2018年1月19日 ]

網易考拉海購(Kaola.com)が中国越境ECのトップに (1)
「正規品・低価格・サービス・斬新さ」で人気爆発
今や中国に数多く存在する各種越境ECプラットフォームのうち、売上やユーザー評価が最も高いのはどれだろうか。その答えは意外なことに、中国EC業界をリードするアリババ系の天猫(Tモール)や淘宝(タオバオ)、さらには京東(JD.com)でもない。それは、15年に設立されたばかりの「網易考拉海購(Kaola.com)」だ......

 

消費者研究 [ 2018年1月18日 ]

中国世代論「50・60・70・80・90・00後」徹底分析 (18)
未来の中国人消費者像とは
「エコノミスト」の統計によると、中国は2030年に「中産階級社会」になると予測されている。人口全体の三分の一近くが中産階級に属する試算で、その うち、中高所得 層の人口は15年の9700万人から2億7600万人に増え、比率も7.1%から19.7%と大幅増。一方、高所得層は15年の2.6%(約3500万人)から14.5%(約2億400万人)に増えると見込まれている......

 

大亀浩介の中国ビジネスコンサルタントの眼 [ 2018年1月17日 ]

【第304回】 進化を遂げる中国物流業
中国宅配便市場は日本の10倍
圧倒的な数の取扱件数を背景に、世界中から最新技術とノウハウを取り入れようとする中国物流企業の貪欲さと、絶え間ない自助努力により、中国物流業は劇的に進歩しています。上海の自宅で、天猫や京東、1号店などでよくネットショッピングをしますが、いつも当たり前のように即日で届きます。またスマートフォン(スマホ)のアプリ上では、事細かく荷物の状況が確認でき、配送員の態度も丁寧で親近感すら湧くほどです。……

 

消費者研究 [ 2018年1月16日 ]

中国世代論「50・60・70・80・90・00後」徹底分析 (17)
日本に対する中立的態度、政治と消費は別物
80年代は日本文化が大量に流入した時期であり、幼少期や青年期に日本アニメの影響を強く受けている。その後、日本のテレビドラマや映画にも触れて育った彼らは、日本文化の受容度が高く、日本に好感すら抱いている。 90後も幼い頃から日本のアニメに親しんでいるが、欧米や韓国の文化にも幅広く触れて育ち、80後に比べると韓流文化の影響をより強く受けている......

 

消費者研究 [ 2018年1月15日 ]

中国世代論「50・60・70・80・90・00後」徹底分析 (16)
巨大な潜在力を持つシルバー経済
「中国老齢産業発展報告」によると、中国の高齢者の消費潜在力と消費意欲は高まり続けているもようだ。14年の高齢者の消費力は約4億元と推定されたが、2050年にはその潜在力が106億元にまで成長、GDP全体の8%前後から33%前後にまで飛躍的に増加する見込んでいる。つまり、中国は高齢者関連産業において、世界一の市場潜在力を秘めているといえるだろう......