中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー

 

中国ネットビジネス成功へのポイント [ 2011年1月18日 ]

中国ネットビジネススキーム例⑤人材仲介(ネット求人広告)
人材仲介は内資企業とのコンサルティング契約で
人材仲介のライセンス取得からウェブサイトの運営・管理までを中国の内資企業に行ってもらい、日本企業出資の外商投資企業はあくまでもその内資企業との間でライセンスやコンサルティング契約を締結する、という形になっています。

 


 

中国ネットビジネス成功へのポイント [ 2011年1月17日 ]

中国ネットビジネススキーム例④通信教育
出版・教育には厳しい規制、内資企業の活用を
中国では出版、教育に関してはかなり厳しい規制が存在していることは誰もが知るところですが、この場合も、内資出版企業をうまく活用しながらスキームを組むということになります。

 


 

中国ネットビジネス成功へのポイント [ 2011年1月16日 ]

中国ネットビジネススキーム例③ショッピングモール
内資企業との提携でモール運営
ネット上でショッピングモールを展開するには、まず中国で外商投資企業を設立し、ショッピングモールサイトを運営・管理する内資企業と業務提携をすることになります。

 


 

中国ネットビジネス成功へのポイント [ 2011年1月15日 ]

中国ネットビジネススキーム例②オンライン物販(中国に会社を設立する場合)
外商投資企業⇒内資企業への卸売スキーム
外商投資企業が中国の内資企業に対して卸売販売を行い、その上で内資企業にウェブサイトの運営・管理をさせ、それに伴う利益をコンサルティング契約等により配分させるという形も可能です。

 


 

中国ネットビジネス成功へのポイント [ 2011年1月14日 ]

中国ネットビジネススキーム例①オンライン物販(中国に会社を設立しない場合)
内資企業を活用したオンライン物販
中国に会社を設立しない場合のオンライン物販は、中国の内資企業に商品を販売することで、単なる貿易取引の形にしておくスキームです。その上で、内資企業にウェブサイトの運営・管理を行わせながら、中国国内でオンラインショッピング事業を行います。

 


 

中国ネットビジネス成功へのポイント [ 2011年1月13日 ]

法律的観点も必要、中国ネットビジネス
中国ネットビジネスで考察すべきポイント
中国でウェブサイトを開設するに当たり、中国の各種法規に留意する必要があります。

 


 

中国ネットビジネス成功へのポイント [ 2011年1月13日 ]

フィルタリングやネットインフラ未整備が難点
中国国外にサーバを設置する場合の問題点
情報産業部の規制には服さないよう、中国外のサーバに中国語のウェブサイトを立ち上げ、ネットビジネスを行えば問題ないかというと、そう簡単にはいきません。フィルタリングなどのトラブルが付きまとうからです。

 


 

中国ネットビジネス成功へのポイント [ 2011年1月12日 ]

外資企業がオンラインショッピング事業を行うのは可能か
ネット販売は「非経営性」との理解が主流
日本(外資)企業がオンラインショッピング事業を行うにあたっては、情報発信がいかなるインターネット情報サービスに該当するか(「経営性」か「非経営性」か)、どのような経営範囲(日本でいう定款)を取得するかという点が重要になってきます。

 


 

中国ネットビジネス成功へのポイント [ 2011年1月11日 ]

日本企業が経営性インターネット情報サービスを提供する場合の法規制
内資企業を活用したネット通販
インターネット上で商品情報を発信し、その商品をユーザーに購入してもらうことで報酬を得るビジネスになっている以上は、ICP経営許可証を取得する必要があると思いがちです。しかしながら、オンラインショッピング事業についてはそうとも限らないというのが現状のようです。

 


 

中国ネットビジネス成功へのポイント [ 2011年1月9日 ]

インターネットビジネスに関する法規制について⑤
「電信業務」と「経営性・非経営性」
「インターネット情報サービス」は「経営性」と「非経営性」に分かれますが、前者は付加価値電信業務の一形態という認識になります。一方、後者は電信業務のカテゴリーからは外れる(属さない)という認識になっています。

 

    1 ページ 全 2 ページ (総数: 16)