中国消費洞察オンライン〜中国ビジネスをマーケティング視点から再構築!
【第522回】 若い世代が牽引する中国ペット市場の急成長

中国でイヌとネコ、どちらが多い?

2022年6月1日更新

中国で柴犬も人気に
 中国ではイヌとネコ、どちらが好まれているのでしょう?答えはネコです。

 中国畜牧業協会ペット産業分会とPethadoop(派読寵物行業大数据)が共同で公表した「2021年中国ペット業界白書」によると、2021年に、中国の家庭で飼われているペットで、ネコがイヌを初めて上回ったようです。2020年まではイヌのほうがネコよりも多かったのですが、2021年にネコがついに5,806万匹で、イヌの5,429万匹を上回りました。

 イヌとネコを合わせて1億匹を超えていますが、それでも全人口に対するペットの普及率は、大雑把な計算ですが8%のみで、アメリカの68%、日本の28%には遠く及びません。

 中国のペット関連の市場規模は、2020年にコロナ禍にもかかわらず、前年比33.5%増の2,988億元。2021年も16.7%増の3,488億元となり、2023年には6,000億元近くに達すると、中国調査会社のiResearch(艾瑞諮詢)は「2021年中国ペット消費トレンド白書」で予想しています。

 飼い主を年齢別で見ると、1990年以降生まれの若い世代が全体の46.3%を占めています。なかでも中国で「95後」と呼ばれる1995年以降生まれの世代が増加しており、全体の22.9%に達しています。

 若い世代が牽引する中国ペット市場ですが、ペットを飼っている人の90%が、精神面でのニーズからペットを飼いはじめたと言っています。若者たちはペットを家族の一員や心の友と見なし、ペットのために時間や金銭を費やすことを厭(いと)わない傾向が強まっています。最近ではイヌやネコの心を読む霊能力や言語翻訳などのサービスも登場。ペットを連れた家族旅行や、診療、ワクチン、健康診断など、商品やサービスがますます多様化しています。

 ペット関連の消費では、ペットフードやスナックが多くを占めているのですが、自動化されたネコ用トイレや水飲み機、ペット服、洗浄・美容グッズなども人気で、最近では、ペットトイ(玩具)がホットになっています。

 2021年の天猫双11(ダブルイレブン)セールで、ペットトイが、取引額が最も大きく伸びた商品ジャンルの一つとなりました。音の出るおもちゃ、ネコ用のマジックボックス、ターンテーブル、毛糸だま、キャットタワーなどが注目を集め、トップブランド「未卡(VETRESKA)」の「サボテン型キャットタワー」が、取引額100万元を超える人気商品となりました。

 中国で「雲養寵」という言葉が流行っています。これは、ネット(クラウド)上でペットを飼うこと、つまり抖音(ドウイン・TikTok)などショート動画アプリで、ペットの動画を楽しみながら、ペット飼育を疑似体験する人々が増えているようです。

 こうしたクラウドペット飼育ですが、単に動画を視聴するだけでなく、実際に“里親”になって育てる人もいます。中国調査会社のiResearch(艾瑞諮詢)が、「雲養寵」ユーザーにアンケート調査したところ、回答者の71.8%が、オンライン上でペットの里親となり、毎月一定額の飼育費用を払ったことがあると回答。また60.8%が何らかの網紅(ワンホン)ペットをフォローし、関連グッズを買って“推し活”したことがあるとも…。

 子供は産まなくてもペットは何匹か飼うといった若者が、中国でますます増えていきそうです。まだまだ伸びしろが無限大ともいえる中国のペット市場ですが、日本企業もこのビジネスチャンスをぜひとも掴み取っていただきたいと思います。

地方都市にもペットを飼う若者が増えつつある(写真:湖北省・襄陽)
A4サイズで印刷

Copyright (C) CastGlobal Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
本資料に関する著作権は弊社又は弊社に所属する作成者に属するものであり、
本資料の無断引用、無断変更、転写又は複写は固くお断りいたします。

前ページへ戻る

その他メルマガコラム記事

中国で「JK」(日本風女子高生)ファッションが人気に?
中国で「JK」(日本風女子高生)ファッションが人気に?

2022年11月30日

中国で「JK」(日本風女子高生)ファッションが人気に?
日系コンビニもSNSでの話題作りがマストに
日系コンビニもSNSでの話題作りがマストに

2022年11月23日

日系コンビニもSNSでの話題作りがマストに
中国コンビニ激戦都市トップは福建省・厦門(アモイ)
中国コンビニ激戦都市トップは福建省・厦門(アモイ)

2022年11月16日

中国コンビニ激戦都市トップは福建省・厦門(アモイ)
競争激化のコンビニ市場で日系3社も奮闘!
競争激化のコンビニ市場で日系3社も奮闘!

2022年11月09日

競争激化のコンビニ市場で日系3社も奮闘!
中国の新しい「興趣消費」トレンドとは?
中国の新しい「興趣消費」トレンドとは?

2022年11月02日

中国の新しい「興趣消費」トレンドとは?
地方都市にも広がる代替食品ニーズ
地方都市にも広がる代替食品ニーズ

2022年10月26日

地方都市にも広がる代替食品ニーズ
成長鈍化も双11(ダブルイレブン)を待ち望む声も
成長鈍化も双11(ダブルイレブン)を待ち望む声も

2022年10月19日

成長鈍化も双11(ダブルイレブン)を待ち望む声も
コロナで業績好調のはずのネットスーパーが撤退?
コロナで業績好調のはずのネットスーパーが撤退?

2022年10月12日

コロナで業績好調のはずのネットスーパーが撤退?
下沈市場で輸入品も徐々に浸透、日韓が国別でトップに
下沈市場で輸入品も徐々に浸透、日韓が国別でトップに

2022年09月28日

下沈市場で輸入品も徐々に浸透、日韓が国別でトップに
「下沈市場」の消費者ってどんな人たち?
「下沈市場」の消費者ってどんな人たち?

2022年09月21日

「下沈市場」の消費者ってどんな人たち?
下沈市場の消費の新勢力~「隠富層」とは?
下沈市場の消費の新勢力~「隠富層」とは?

2022年09月14日

下沈市場の消費の新勢力~「隠富層」とは?
「下沈市場」の旺盛な消費力を支える「小鎮青年」とは?
「下沈市場」の旺盛な消費力を支える「小鎮青年」とは?

2022年09月07日

「下沈市場」の旺盛な消費力を支える「小鎮青年」とは?
市内の公園で“プチ”キャンパーが急増中
市内の公園で“プチ”キャンパーが急増中

2022年08月31日

市内の公園で“プチ”キャンパーが急増中
下沈市場でEC大手間の“パイ争奪戦”が激化
下沈市場でEC大手間の“パイ争奪戦”が激化

2022年08月24日

下沈市場でEC大手間の“パイ争奪戦”が激化
新興ブランドはクルマやベビー市場にも浸透するか?
新興ブランドはクルマやベビー市場にも浸透するか?

2022年08月17日

新興ブランドはクルマやベビー市場にも浸透するか?
中国ティーバッグのトップブランド「CHALI(茶里)」
中国ティーバッグのトップブランド「CHALI(茶里)」

2022年08月10日

中国ティーバッグのトップブランド「CHALI(茶里)」
日系3社揃い踏みのコンビニコーヒーも成長見込み
日系3社揃い踏みのコンビニコーヒーも成長見込み

2022年08月03日

日系3社揃い踏みのコンビニコーヒーも成長見込み
ダイエットシェイク「WONDERLAB」が代替食市場を牽引
ダイエットシェイク「WONDERLAB」が代替食市場を牽引

2022年07月27日

ダイエットシェイク「WONDERLAB」が代替食市場を牽引
若者が求める“同人”サークルを意識した戦略を
若者が求める“同人”サークルを意識した戦略を

2022年07月20日

若者が求める“同人”サークルを意識した戦略を
電動歯ブラシを“日用品”として広めた「usmile」
電動歯ブラシを“日用品”として広めた「usmile」

2022年07月13日

電動歯ブラシを“日用品”として広めた「usmile」
もっと見る

生活関連に関連する記事

【統計データ】配車アプリのユーザー規模及び利用者の割合(2022年6月時点)
【統計データ】配車アプリのユーザー規模及び利用者の割合(2022年6月時点)

2022年11月25日

【統計データ】配車アプリのユーザー規模及び利用者の割合(2022年6月時点)
コロナ禍の中国で「断捨離」の関心高まる?
コロナ禍の中国で「断捨離」の関心高まる?

2022年04月06日

コロナ禍の中国で「断捨離」の関心高まる?
【関脇】Z世代の新消費トレンド「悦己経済」と「它経済」が普及 <西>ペット経済
【関脇】Z世代の新消費トレンド「悦己経済」と「它経済」が普及 <西>ペット経済

2022年01月25日

【関脇】Z世代の新消費トレンド「悦己経済」と「它経済」が普及 <西>ペット経済
もっと見る

ペットに関連する記事

もっと見る
pageTop