中国消費洞察オンライン〜中国ビジネスをマーケティング視点から再構築!
【第527回】 ロックダウンで垣間見たご近所さんの生活ぶり

便利で高機能の生活家電が想像以上に浸透?

2022年7月6日更新

生活を便利にする各種家電が人気に(写真:南京「小米有品」)
 会報誌6月号では、巻頭特集で生活家電を求める中国人の実像に迫りました。家電というと、中国経済急成長期の勢いが影を潜め、どことなく “元気がない”イメージがあります。2008年のリーマンショック後に中国政府が打ち出した「家電下郷」政策で、地方都市を中心に家電が飛ぶように売れていた光景を目にしていたので、余計にそう感じるのかもしれません。

 当時は家電量販店が一世を風靡。蘇寧や国美、永楽など大手量販チェーン店が各地にあり、週末になるとどこも客で一杯になっていました。それが近年はどの量販店も店内はガランとしており、店員も暇を持て余している様子。そもそも私自身も、家電を購入もしくは品定めするために量販店に足を運ぼうとは思わなくなっています。

 しかしこれはあくまでもイメージの問題で、中国での家電販売がリアルからネットへと移っただけのこと。日本にいるとあまり想像できないですが、中国では大型のテレビや冷蔵庫などでさえも、天猫(Tモール)や京東(JDドットコム)などのECサイトで注文し、デリバリーしてもらうのが当たり前になっています。中国での家電販売のネット化率は6割超で、美容や健康器具などに至っては8割程度ともいわれています。

 中国の家電業界も他の業態同様に、消費トレンドと密接に連動しているように思えます。中国で「懒人経済」と呼ばれるナマケモノエコノミーでは、掃除ロボットや自動調理器などが注目されました。また独身が増えつつある「一人経済」では、一人分用の超小型家電も売れ行きが好調。さらにZ世代など若者を中心に広がる「顔値」つまり顔面偏差値(見た目)重視の風潮により、お洒落で写真映えするデザインの調理器具や電動歯ブラシがSNS上でバズり、“網紅”(ワンホン)商品になっています。

 ペットも家電ニーズ増に貢献。大型犬を飼っている上海人の友人に「抜け毛が大変でしょう?」というと、「大丈夫、2台の掃除ロボットが朝夕しっかりと掃除してくれているから」と得意げに話していました。

 そうしたなか、都市封鎖(ロックダウン)で思いもよらず、自宅に閉じ込められてしまった上海人。ゲートから出るだけでなく、入るのも制限され、それまで当たり前のように利用してきたアイさん(家事代行)にも来てもらえません。ロックダウンを機に初めて参加した住民同士の微信(ウィーチャット)チャットグループでは、掃除ロボットのほか、ホコリ吸引とモップがけが一体となったフロアクリーナーが話題となり、共同購入も募集されていました。

 また同じく微信チャットグループでは、自慢の手料理やキッチンの様子が写真とともに投稿されていたのですが、意外にも多くの家庭で多機能ホットプレートや自動調理器、ノンフライヤーなど各種小型家電が揃っている様子に驚きを隠せませんでした。

 上海のロックダウンで垣間見たご近所さんの生活ぶり。想像以上に浸透していた生活家電を目の当たりにし、同業界の実状や動向に興味を惹かれました。中国全土で高まる生活家電ニーズを消費者やトレンド目線から調査・分析し、中国生活家電市場の実態を深堀りしています。

今や家電メーカーと化したスマホ大手の小米(シャオミ)
A4サイズで印刷

Copyright (C) CastGlobal Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
本資料に関する著作権は弊社又は弊社に所属する作成者に属するものであり、
本資料の無断引用、無断変更、転写又は複写は固くお断りいたします。

前ページへ戻る

その他メルマガコラム記事

中国で「JK」(日本風女子高生)ファッションが人気に?
中国で「JK」(日本風女子高生)ファッションが人気に?

2022年11月30日

中国で「JK」(日本風女子高生)ファッションが人気に?
日系コンビニもSNSでの話題作りがマストに
日系コンビニもSNSでの話題作りがマストに

2022年11月23日

日系コンビニもSNSでの話題作りがマストに
中国コンビニ激戦都市トップは福建省・厦門(アモイ)
中国コンビニ激戦都市トップは福建省・厦門(アモイ)

2022年11月16日

中国コンビニ激戦都市トップは福建省・厦門(アモイ)
競争激化のコンビニ市場で日系3社も奮闘!
競争激化のコンビニ市場で日系3社も奮闘!

2022年11月09日

競争激化のコンビニ市場で日系3社も奮闘!
中国の新しい「興趣消費」トレンドとは?
中国の新しい「興趣消費」トレンドとは?

2022年11月02日

中国の新しい「興趣消費」トレンドとは?
地方都市にも広がる代替食品ニーズ
地方都市にも広がる代替食品ニーズ

2022年10月26日

地方都市にも広がる代替食品ニーズ
成長鈍化も双11(ダブルイレブン)を待ち望む声も
成長鈍化も双11(ダブルイレブン)を待ち望む声も

2022年10月19日

成長鈍化も双11(ダブルイレブン)を待ち望む声も
コロナで業績好調のはずのネットスーパーが撤退?
コロナで業績好調のはずのネットスーパーが撤退?

2022年10月12日

コロナで業績好調のはずのネットスーパーが撤退?
下沈市場で輸入品も徐々に浸透、日韓が国別でトップに
下沈市場で輸入品も徐々に浸透、日韓が国別でトップに

2022年09月28日

下沈市場で輸入品も徐々に浸透、日韓が国別でトップに
「下沈市場」の消費者ってどんな人たち?
「下沈市場」の消費者ってどんな人たち?

2022年09月21日

「下沈市場」の消費者ってどんな人たち?
下沈市場の消費の新勢力~「隠富層」とは?
下沈市場の消費の新勢力~「隠富層」とは?

2022年09月14日

下沈市場の消費の新勢力~「隠富層」とは?
「下沈市場」の旺盛な消費力を支える「小鎮青年」とは?
「下沈市場」の旺盛な消費力を支える「小鎮青年」とは?

2022年09月07日

「下沈市場」の旺盛な消費力を支える「小鎮青年」とは?
市内の公園で“プチ”キャンパーが急増中
市内の公園で“プチ”キャンパーが急増中

2022年08月31日

市内の公園で“プチ”キャンパーが急増中
下沈市場でEC大手間の“パイ争奪戦”が激化
下沈市場でEC大手間の“パイ争奪戦”が激化

2022年08月24日

下沈市場でEC大手間の“パイ争奪戦”が激化
新興ブランドはクルマやベビー市場にも浸透するか?
新興ブランドはクルマやベビー市場にも浸透するか?

2022年08月17日

新興ブランドはクルマやベビー市場にも浸透するか?
中国ティーバッグのトップブランド「CHALI(茶里)」
中国ティーバッグのトップブランド「CHALI(茶里)」

2022年08月10日

中国ティーバッグのトップブランド「CHALI(茶里)」
日系3社揃い踏みのコンビニコーヒーも成長見込み
日系3社揃い踏みのコンビニコーヒーも成長見込み

2022年08月03日

日系3社揃い踏みのコンビニコーヒーも成長見込み
ダイエットシェイク「WONDERLAB」が代替食市場を牽引
ダイエットシェイク「WONDERLAB」が代替食市場を牽引

2022年07月27日

ダイエットシェイク「WONDERLAB」が代替食市場を牽引
若者が求める“同人”サークルを意識した戦略を
若者が求める“同人”サークルを意識した戦略を

2022年07月20日

若者が求める“同人”サークルを意識した戦略を
電動歯ブラシを“日用品”として広めた「usmile」
電動歯ブラシを“日用品”として広めた「usmile」

2022年07月13日

電動歯ブラシを“日用品”として広めた「usmile」
もっと見る

家電に関連する記事

中国消費動向を「商品」から洞察⑥ オールスマート
中国消費動向を「商品」から洞察⑥ オールスマート

2022年11月11日

中国消費動向を「商品」から洞察⑥ オールスマート
中国「新消費」を特徴づける7つのキーワード① 新品質(新しい品質) 二極分化から品質革命へ
中国「新消費」を特徴づける7つのキーワード① 新品質(新しい品質) 二極分化から品質革命へ

2022年09月19日

中国「新消費」を特徴づける7つのキーワード① 新品質(新しい品質) 二極分化から品質革命へ
家電業界の下沈市場戦略とは? 物流、サービス、C2Mで攻略
家電業界の下沈市場戦略とは? 物流、サービス、C2Mで攻略

2022年08月29日

家電業界の下沈市場戦略とは? 物流、サービス、C2Mで攻略
もっと見る

消費トレンドに関連する記事

中国で「JK」(日本風女子高生)ファッションが人気に?
中国で「JK」(日本風女子高生)ファッションが人気に?

2022年11月30日

中国で「JK」(日本風女子高生)ファッションが人気に?
Z世代が支える新興ブランドの急成長 若者のニッチなニーズに対応して躍進
Z世代が支える新興ブランドの急成長 若者のニッチなニーズに対応して躍進

2022年11月24日

Z世代が支える新興ブランドの急成長 若者のニッチなニーズに対応して躍進
「国潮」(愛国)トレンドで中国国産ブランドが復活 老舗ブランドも若者とSNS活用で若返り
「国潮」(愛国)トレンドで中国国産ブランドが復活 老舗ブランドも若者とSNS活用で若返り

2022年11月24日

「国潮」(愛国)トレンドで中国国産ブランドが復活 老舗ブランドも若者とSNS活用で若返り
もっと見る
pageTop