中国の市場・業界・企業・商習慣を徹底調査&研究 ~ キャスト中国ビジネス「中国マーケティングEC会員コース」

 お試しIDバナー ニュースレター冊子『チャイナ・マーケット・インサイト』  メルマガ登録バナー
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 service@cast-marketing.com
 お問い合わせフォームはこちら
 市場調査バナー
 大亀浩介コンサルタントインタビュー

 

中国都市別市場レポート [ 2012年1月6日 ]

外資VS地場系!合肥スーパーマーケット業界②
合家福と紅府の二大ローカルスーパーが積極展開
合肥の二大ローカルスーパーマーケットである合家福と紅府スーパーマーケットは、差別化や競争力の強化を通じて積極的な展開と店舗のバージョンアップを行っている。合家福は合肥のローカルブランドで、市場シェアは50%を誇る。紅府は高級店及びマンション出店型スタイルだ。……

 


 

中国都市別市場レポート [ 2012年1月5日 ]

外資VS地場系!合肥スーパーマーケット業界①
合肥の潜在力を狙え!スーパー大手が集結
合肥における流通業のライバル争いは熾烈を極める。カルフール、ウォルマート、大潤発、欧尚、楽購などの外資系に加え、ローカル系の合家福、紅府、福建永輝、華潤蘇果も積極的な店舗展開もしくは進出を計画している。……

 


 

中国都市別市場レポート [ 2011年12月17日 ]

単体の商業施設をメインに発展する合肥ショッピングエリア②
環状道路や地下鉄の完成も間近、広がる合肥の商業街
合肥では、四牌楼ショッピングエリア以外は単体のショッピングモールを中心としており、周辺への影響力も小さいが、特徴的な箇所も出てきた。三里庵は、広大な住宅地と安徽大学、安徽農業大学、安徽中医学院等の大学に囲まれており、これら特定の消費者群が同地域を生活サービスの主力とならしめているという特性がある。

 


 

中国都市別市場レポート [ 2011年12月15日 ]

単体の商業施設をメインに発展する合肥ショッピングエリア①
スタバ1号店も登場、四牌楼は合肥消費市場の中心
近年、迅速な発展を遂げている合肥は、元々の規模が小さく、基盤も整っていないことから、近隣の南京、杭州、武漢、鄭州と比べると、ショッピングエリアの発展にはいまだ一定の距離がある。比較的規模の大きな四牌楼を除き、他のショッピングエリアはどこも単体ショッピングモールが中心で、周辺への影響力はさほど強くないのが特徴だ。

 


 

中国都市別市場レポート [ 2011年12月9日 ]

華東市場の後背地、“これから”の合肥消費市場②
「華中地域の重点地」と「華東市場の延長地」として
江蘇省と華東地域に隣接した安徽省は、商業活動において上海と南京の大きな影響を受けている。合肥の百貨店では、大衆ブランドの構成が上海と非常に似通っており、スーパーマーケットで販売されているブランドも、安徽省ローカルブランドを除くほとんどが、華東地域と一致している。

 


 

中国都市別市場レポート [ 2011年12月7日 ]

華東市場の後背地、“これから”の合肥消費市場①
都市全体が建設中、注目集める安徽省・合肥
安徽省の省都である合肥は「都市全体が建設中」といった印象だ。合肥空港から一歩外へ出れば、目にするのは巨大な不動産広告ばかり。至るところで高級住宅街が建設中で、まもなく完成するであろう多くのオフィスビルや複合商業施設を目にすることもできる。

 

    1 ページ 全 1 ページ (総数: 6)